イライラ→奈落→ポンコツ…元気なの1週間だけ!【生理がしんどすぎ#1】

「生理がしんど過ぎて婦人科に行ってミレーナを使いはじめた話」第1話。生理症状がひどいことに悩んでいたイラストレーターのアベナオミさんの体験談をまとめたマンガです。

3児の母であるイラストレーターのアベナオミさんは、生理症状がひどすぎて、「元気でいられるのは1カ月に1週間だけ」という状態だったそう。お産以外での初・産婦人科受診から、ミレーナを使い始めるまでの体験をマンガでご紹介します。

 

 

イラストレーターのアベナオミです。もともと生理症状が重めだった私は、第3子の出産後から、さらに症状がひどくなり……。そんな私が初めて婦人科を受診し、結果的にミレーナを入れることになった体験をマンガにしました。

 

※この漫画は実話に基づいた体験談です。すべての方が当てはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

生理がしんど過ぎて婦人科に行ってミレーナを使いはじめた話#1

 

生理がしんど過ぎて婦人科に行ってミレーナを使いはじめた話#1

 

生理がしんど過ぎて婦人科に行ってミレーナを使いはじめた話#1

 

生理がしんど過ぎて婦人科に行ってミレーナを使いはじめた話#1

 

生理がしんど過ぎて婦人科に行ってミレーナを使いはじめた話#1

 

生理がしんど過ぎて婦人科に行ってミレーナを使いはじめた話#1

 

正直、この落ち込み期間は家族全員に迷惑をかけるほど……。

 

自分でも「ダメダメ! 生理の前だから!」と思っていても

一度「奈落スイッチ」が入ってしまうと戻ることができず、

とことん落ち込みます。

 

しかもこれが、1週間以上続くんですから本当に申し訳ない……。

 

生理がしんど過ぎて婦人科に行ってミレーナを使いはじめた話#1

 

この本を通じて、婦人科へのハードルが下がりました。

 

生理がしんど過ぎて婦人科に行ってミレーナを使いはじめた話#1

 

こんなに夫が婦人科受診をすすめる理由は、次回で明らかに!

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

監修/助産師REIKO

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターアベナオミ

    宮城県生まれ、宮城県在住のイラストレーター。絵日記を描いたり、イラストを描いたり、コミックエッセイを描いたり……。まじめな経理マンの夫と、長男豆キチ、二男アンチョビ、長女モナカちゃんと暮らしています。著書に「マンガでわかる! マイホーム入門ガイド」(マイナビ出版)、「子どもを叱りつける親は失格ですか?」(KADOKAWA)、「被災ママに学ぶちいさな防災のアイディア40~東日本大震災を被災したママ・イラストレーターが3・11から続けている「1日1防災」」(学研プラス)など。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP