マンガ 体験談 マンガ やましたともこ 脱力系ゆる育児日記

思いがけない反応…!!2人目の妊娠を長女に伝えたところ…?

14

連載 脱力系ゆる育児日記

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーター、やましたともこでございます。

 

2人目の妊娠を長女N子に伝えたときのお話です。

 

私のなかで、上の子に妹や弟ができると伝える時のイメージとしては、まず、うれしい知らせを聞いた上の子がかわいい笑顔で「わ〜い♡」と喜んで、それを見たお父さんとお母さんが微笑みあって、上の子はおなかに顔や手をくっつけて「この中に赤ちゃんがいるの?僕お兄ちゃんになるの?」と言って、それを聞いたお父さんが「そうだよ」と家族みんなを包み込みお互いに微笑み合う……みたいなイメージがありました。

 

ぼんやりとそんなイメージを抱きつつN子に赤ちゃんができたことを伝えました。

 

すると「赤ちゃん?そうなん?」といってニコリと笑い、さっきまで熱中していたクレヨン積み木の作業にもくもくと没頭していました。

 

N子が生まれてからというもの「思てたんと違う」と思うことはたくさんありましたが、これまた大きな「思てたんと違う」でした。

 

育児日記(4コママンガ)

 

ぼんやりとそんなイメージを抱きつつN子に赤ちゃんができたことを伝えました。

 

すると「赤ちゃん?そうなん?」といってニコリと笑い、さっきまで熱中していたクレヨン積み木の作業にもくもくと没頭していました。

 

N子が生まれてからというもの「思てたんと違う」と思うことはたくさんありましたが、これまた大きな「思てたんと違う」でした。

 

 

イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週1回お届けしています!

 

連載 脱力系ゆる育児日記

前の話を読む 394話

「まるで船酔い…!」終わりの見えない2人目のつわりに悩まされ…

次の話を読む 396話

「絶対に次こそは無痛分娩を!」LDRで練った2人目の分娩計画

最初から読む 69話

【マンガ】脱力系ゆる育児日記 第69話~保護者会の役員さん~

著者・イラスト制作者

イラストレーター やましたともこ


高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。