暮らし 体験談 安全対策 防災

テレビ越しに伝わる母国の惨状。遠くても、遠いから、できること #これから私は

3

テレビ越しに伝わる母国の惨状。遠くても、遠いから、できること #これから私は

 

2011年3月11日。私たち家族は、夫の当時の赴任地であったイギリスにいました。イギリスと日本の時差は9時間。私たちは朝起きて初めて震災のことを知ったのです。国外にいて知る日本の惨状は、それだけで大変な衝撃と葛藤を生みました。

 

続きを読む

ニュースで繰り返し流される日本の映像

震災発生以来、現地のテレビでは日本の様子が連日報道されることに。上空から撮影された押し寄せる津波、がれきの前でたたずむ人々、煙をあげる原子力発電所、一日中流れるこれらの映像に言葉も出ないほどの衝撃を受けました。

 

そしてそれが自分の国で今まさに起きている現実なのだとはにわかには受け入れられず、当時2歳の娘を抱きながら夫と無言のまま、ただ呆然とニュースを眺める日々が続きました。

 

寄り添ってくれた近所の人たち

震災のニュースに心を痛めていたのは、日本の人だけではありませんでした。職場や学校などで、私たちが日本からきていることを知っている人たちみんなが心配し、お悔やみの言葉をかけてくれたのです。ある日近所の市場に出かけると、たまたま居合わせたおじいさんに「日本の方ですか?」と声をかけられました。

 

その人は「ニュースで見ました。ひどい。本当にひどいことです」と穏やかに言って、そしてやさしく娘の頭をなでてくれました。見ず知らずの人さえも私たちの悲しみに寄り添ってくれたような気がして、10年経った今でもよく覚えています。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。