マンガ 体験談 マンガ 和田フミ江

嘘でしょ!?頼れる相方のまさかの弱点に愕然…【ママならぬ日々138話】

娘が歩き始めるまで本当にお世話になったのがおんぶひもでした。

購入するときはベビー用品店へ行って娘と試着。二人いっしょに試着するというのは初めての体験で、新鮮でした。

 

私が気に入っても娘がむずがったり、娘はおとなしかったけど私がなんとなくしっくりこなかったりして、数点つけ比べた上で購入!

使い始めると、思った以上に便利だったのですが……。

 

和田フミエ138話

 

つ、つまめちゃうんだ!?

首の後ろの肉をたむたむされたときは、ショックでちょっと無言になってしまいました。

 

それでもなお、とても便利だったおんぶひも。赤ちゃん育児中の頼れる相棒でした!

 

監修/助産師REIKO

 

著者

イラストレーター 和田フミ江


姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。