マンガ 体験談 マンガ 山口がたこ

2歳の次女にイヤイヤ期がまったくない。なぜ? ママなりに理由を考えてみた

1
5

現在2歳半になる次女は、長女のときに経験したような「イヤイヤ期」というものが、まったくと言っていいほどありません。もともと、長女のときもさほどイヤイヤ期に手こずった記憶はないのですが、それにしても次女はまったく駄々をこねるようなこともなければ、泣き叫んで手に負えられない……ということもないのです。なぜこんなにもスムーズに次女の育児ができるのか? 自分なりに考えてみました。

 

次女のイヤイヤ期

 

次女のイヤイヤ期

 

続きを読む

お姉ちゃん(長女)のおかげ

長女は現在5歳になるので、もう泣いて駄々をこねるようなこともなければ、ひとりで身支度もできる年ごろです。次女はそんな長女をずっと見続けているので、ある意味それが良い見本となっている気がします。

 

また、次女も長女も親に構ってもらいたい欲はあるので「どっちが早く着替えをできたか」「どっちが親の言うことを聞けたか」といったことを、親が意識しなくとも姉妹間で自然と競争するようになりました。「イヤイヤ」と駄々をこねて親の気を引くというよりは、親の言っていることを頑張り、認められたいという意識を持ちやすい環境になっていたのかなと感じます。

 

保育園のおかげ

次女は1歳になったころから保育園に通わせていますが、早めに社会生活を経験している点も、次女のケースにおいては良い結果をもたらしました。長女以外で自分(次女)と年の近い子どもたちと常に触れ合っているため、年上の子どもたちの運動や言語などすべての発達において、次女の良い手本となっている気がします。

 

人間は、手が届きそうで届かない、自分より少し先を行っている人間に対して、一番刺激をもらうのだと、次女を見てそう学びました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • いわゆる育てやすさ、にくさも関係していると思います。たまたまイヤイヤ期がないお子さんだったんじゃないでしょうか。近所に二人目育ててる方いますが毎日の保育園お迎えイヤイヤで苦労されてます。二人目なので育… もっと見る
    いわゆる育てやすさ、にくさも関係していると思います。たまたまイヤイヤ期がないお子さんだったんじゃないでしょうか。近所に二人目育ててる方いますが毎日の保育園お迎えイヤイヤで苦労されてます。二人目なので育児経験は一通りあり、子もお兄ちゃんお姉ちゃんに普段から囲まれてるはずですが…。育児の大変さは親と子の相性やその子の気質によるところが大きいと思います。

 
 

マンガの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。