マンガ 体験談 マンガ ゴマフぱんだ ゴママタ日記

「望んでも来てくれないかも」コロナ禍の妊活。でも本当の不安は別だった

3

連載 ゴママタ日記-にんぷのきろく-

現在、第1子を妊娠中のゴマフぱんださん。でも、ここまでくるには、いろいろなことがあったそう。学生時代からの生理不順、多嚢胞性卵巣症候群の判明……。それらを乗り越えて、妊娠するまでの様子をマンガで公開されています。

 

今回は第2話「#不安」をお届け。ゴマフぱんださんの不安の種が少し明らかになります。

 

「不安の種だらけ…」結婚したけど時代はコロナ禍…妊活するべき?

 

「不安の種だらけ…」結婚したけど時代はコロナ禍…妊活するべき?

 

「不安の種だらけ…」結婚したけど時代はコロナ禍…妊活するべき?

 

「不安の種だらけ…」結婚したけど時代はコロナ禍…妊活するべき?

 

「不安の種だらけ…」結婚したけど時代はコロナ禍…妊活するべき?

 

「不安の種だらけ…」結婚したけど時代はコロナ禍…妊活するべき?

 

このときも、今も、コロナに対する不安は大きいです……。「こんな時期に赤ちゃんを産んでもいいんだろうか……」とたくさん悩みました。そして、この点については「感染症対策をして気を付けるしかない!」と決意できました。

 

でも、私の不安はこれだけではなかったのです。「望んでも、赤ちゃんがきてくれなかったら……」。そう思ってしまうには、実は理由があったのでした。

 

次回に続きます。

 

監修/助産師REIKO

 

連載 ゴママタ日記-にんぷのきろく-

前の話を読む 1話

「不安の種だらけ…」結婚したけど時代はコロナ禍…妊活するべき?

次の話を読む 3話

「実は私、体質的に…」妊活に大きな不安を抱く、本当の理由は…

著者

イラストレーター ゴマフぱんだ


大学で出会った夫と4年付き合ったのち、結婚し、現在結婚3年目。学生時代から生理不順で、その後多嚢胞性卵巣症候群が判明。治療しながら妊活をおこない、2021年6月に第1子出産予定のプレママです!


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。