マンガ 体験談 マンガ カオリボン

「生理痛がツライ…」血液検査をしてみたら…えっ、病気が判明!?

1
ワーホリ中に判明した!「私は多嚢胞性卵巣症候群」<前編>。オーストラリアのメルボルンでワーホリ経験のあるカオリボンさん。彼女はその滞在中、生理症状のひどさに困ってクリニックを受診したところ、多嚢胞性卵巣症候群であることが判明。その体験記です。

カオリボンさんは、オーストラリアのメルボルンでのワーキングホリデー経験者。PMS(月経前症候群)や月経不順など、もともと婦人科系にお悩みがあったカオリボンさんですが、オーストラリア滞在中に婦人科系の病気が判明したそう。その体験記です。

 

 

カオリボンです。

長年PMSや生理痛に悩んでいた私ですが、オーストラリア滞在中に多嚢胞性卵巣症候群が判明しました。当時27歳。「自分の“体”を知ることって大事」そう感じた出来事です。

 

続きを読む
「生理痛がツライ…」ピルを処方してもおうと受診したら…えっ、病気!?

「生理痛がツライ…」ピルを処方してもおうと受診したら…えっ、病気!?

 

「生理痛がツライ…」ピルを処方してもおうと受診したら…えっ、病気!?

 

「生理痛がツライ…」ピルを処方してもおうと受診したら…えっ、病気!?

 

生理痛と経血量の多さに困ってクリニックを受診し、ピルを処方してもらうことになったのですが……。血液検査をしてみたら「多嚢胞性卵巣症候群」ということが判明したのです。後編に続きます。

 

※多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは

卵胞(卵子を包み込んでいる袋のようなもの)の発育が抑制され、排卵障害をきたす疾患。生殖年齢にある女性の約5〜8%にみられ、排卵に関連のある2つの女性ホルモンのアンバランスや卵巣内の男性ホルモンが多いことが原因とされています。症状としては、無月経や無排卵周期症(無排卵月経)などの月経異常がみられ、不妊の原因にもなります。治療せずに長期間放置すると、子宮内膜がんなど子宮内膜に異常が起こることもあります。

 

監修/助産師REIKO

著者

イラストレーター カオリボン


元アパレルデザイナー、アート・ファッション・映画・食べ物大好き文化系。メルボルンでのワーホリ経験あり。 ワーホリや海外旅行のことを振り返りながらのんびり絵日記を描いてます。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。