マンガ 体験談 マンガ やましたともこ 脱力系ゆる育児日記

ポップな陣痛がリアルな陣痛に…!!いよいよ、決断のとき!!

3

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーター、やましたともこでございます。

 

タクシーに乗って産院に到着後、無事に入院手続きが終わり、決断のときがやってきました。


そう……「そのまま産む(無痛分娩ではなく)」VS「麻酔の先生を明日まで待って無痛分娩」の2択です。

 

わたくし生まれも育ちも高知県!高知県人に二言はない!! 無痛分娩と言ったら無痛分娩だ〜!!!と言い切りたいのは山々なんですが、なぜ、今ごろになって、2択問題が出てくるかを説明させてください。

 

 

育児日記(4コママンガ)

 

それは405話で描かせていただいたのですが、説明会で陣痛を薬で止めるという話を聞いたときに、ドキ!としてモヤ!とした感情が生まれました。ただ、夜に入院するとも限らんし、ただただ夜に陣痛きませんようにと祈ることしかしてなかったからです。

 

結果、夜の入院になり、上記2択のお時間がやってきてしまったのであります。

しかし!
陣痛が始まる前はボヤ〜と2択だったのですが、ポップな陣痛がリアルな陣痛に変わり、息もできないほどに痛みが強くなるにつれ「このまま産む」という選択肢は私の中からキレイさっぱり消え去っていき、文句なしの1択へと変わっていました。

 

というわけで、予定通り無痛分娩の決行が決定しました。

 

 

イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週1回お届けしています!

 

★♡★♡ベビカレ夏のマンガ祭り★♡★♡

マンガ家100人突破を記念して『べビカレ夏のマンガ祭り』開催中!大人気のマンガコンテンツを増量し、レギュラー連載に加え、新たにスペシャルゲスト24作品を配信♪ 無料でザクザク読めちゃう!ぜひチェックしてくださいね!

著者・イラスト制作者

イラストレーター やましたともこ


高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。