マンガ 体験談 マンガ やましたともこ 脱力系ゆる育児日記

「えっ!いいんですか?!」産院でのうれしいサプライズ!!

3

連載 脱力系ゆる育児日記

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは。高齢育児中のイラストレーター、やましたともこでございます。

 

夜に入院したので、翌日、麻酔の先生が来るまで点滴で陣痛を止めてもらうことになりました。

 

点滴を入れると、あの意識が遠のくほど強烈に痛かった陣痛がウソのようにラクになりました。そして、助産師さんがこう言ってくれました。

 

「赤ちゃんが生まれて退院したらしばらく寝られへんから今日は最後にゆっくり爆睡してな」と。

 

育児日記(4コママンガ)

 

そうやった!  

「赤ちゃんが生まれる=眠れない日々が永遠に続く」だったなと思い出し、今のうちにしっかり寝とかないと!と思ったときに、ふとあることに気づきました。

 

長女N子が生まれてから2年7ヵ月、子どもがいなかったときのように、誰にも邪魔されずひとりでゆっくり寝られる日がまた訪れるなんて夢にも思っていませんでした。(私個人の感想です)。

 

夜の入院となり、最悪しかないと落ち込んでいたのですが、思いがけずひとりでゆっくり寝られるという、うれしいサプライズに遭遇し、最高に幸せな夜を過ごすことができました。

 

助産師さんの温かい心づかいにも感謝しかございませんでした。

 

 

イラストレーターやましたともこの「脱力系ゆる育児日記」は、毎週1回お届けしています!

 

★♡★♡ベビカレ夏のマンガ祭り★♡★♡

マンガ家100人突破を記念して『べビカレ夏のマンガ祭り』開催中!大人気のマンガコンテンツを増量し、レギュラー連載に加え、新たにスペシャルゲスト24作品を配信♪ 無料でザクザク読めちゃう!ぜひチェックしてくださいね!

連載 脱力系ゆる育児日記

前の話を読む 409話

ポップな陣痛がリアルな陣痛に…!!いよいよ、決断のとき!!

次の話を読む 411話

「ジャーーーーン!」ついにキタ!オモロそうな陽気な先生登場~!!

最初から読む 69話

【マンガ】脱力系ゆる育児日記 第69話~保護者会の役員さん~

著者・イラスト制作者

イラストレーター やましたともこ


高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。