ママネタ 育児 育児の悩み 体験談 嫁姑問題 発達・発育 母乳不足

「勝手にあげないで!」離乳食を早く始めたがる義母。私のいない間に娘に食べさせていた!?

2
21
義母に離乳食を勝手に与えられて、嘔吐してしまった生後4カ月の娘さん。義母との良好な関係も大事ですが、娘を守るためにしっかり主張すべきときはしなくてはいけないと学んだママの経験談です。

「勝手にあげないで!」離乳食を早く始めたがる義母。私のいない間に娘に食べさせていた!?

 

娘がまだ生後4カ月くらいのときの話です。おっぱいの出が悪く育児用ミルクが多かった私に対し、「栄養失調になる」と義母は私を批判。さらに娘を少し預けたすきに、卵がゆや果汁を与えてしまったのです! 娘は嘔吐し病院へ行くはめに……。

食事関係のトラブルは命にかかわることもある重大な問題です。義母との関係性以前に、とにかく強く言わなくてはならないこともあると学んだ出来事をお話しします。

 

続きを読む

離乳食をとにかく早く与えたがる義母

私はおっぱいの出が悪く、育児用ミルクの量がどうしても多くなってしまっていました。義母は「育児用ミルクは栄養が十分ではなく、育児用ミルクだけでは栄養が偏る。栄養失調になり成長に支障をきたす」と本気で信じており、とにかく離乳食を早く始めたがっていました。悪気があったわけではなく、義母の時代は今ほど育児用ミルクが優れていなかったようで、本気で心配していました。

 

義母が育児をしていた時代は果汁を2カ月くらいから与え始めるのが普通だったとのことで、今の育児方法との違いが理解できなかったのでしょう。娘が生後4カ月のころ、ある日、娘を少し義母に預けた際、義母が勝手に卵がゆ、果汁を与えてしまいました。

 

※厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド」では、離乳食の開始時期は生後5カ月〜とされています。また、果汁の栄養学的意義は認められておらず、離乳食開始前に果汁を与える必要はありません。卵は離乳食初期の生後5〜6カ月ごろから与えることができますが、完全に火を通した卵黄を耳かき1杯程度から開始します。アレルギー反応があった場合には自己判断せず、必ず医師の指示に従うようにしましょう。

 

嘔吐があり病院へ

義母が娘に卵がゆと果汁を与えてしばらくしたあと、嘔吐があったようで義母から私に連絡が。すぐ帰宅し様子を見たところ、嘔吐は治まっていたものの機嫌は非常に悪く、私は念のため病院へ行ったほうが良いと判断しました。娘を病院へ連れて行き、すぐに診察と検査がおこなわれました。

 

軽度ですが娘は卵にアレルギーがあることが判明。先生には生後4カ月で十分育児用ミルクが飲めているなら離乳食を無理に進める必要はなく、アレルギーに関しては数字的には微弱なので、卵をとらないようにする努力は必要だけれど、過敏になる必要はないとアドバイスいただきました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • アレルギーは本当に怖いですからね…。母親(嫁)がやめてと言っているのに食べ物をあげるのよく聞きますが(アレルギーあるの分かっててあげるパターンもある)、殺人未遂にも等しい行為だとお医者さ… もっと見る
    アレルギーは本当に怖いですからね…。母親(嫁)がやめてと言っているのに食べ物をあげるのよく聞きますが(アレルギーあるの分かっててあげるパターンもある)、殺人未遂にも等しい行為だとお医者さんが言っていました。

    昔の常識と今の常識は違います、やめましょう!
    +132 -2
  • いや、もうほんと、娘さんの命が無事で良かったの一言です…。
    +253 -6

 
 

ママネタの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。