「うれしいような、悲しいような…」息子の2つの面を同時に実感した日

「奥さんと子どもに好かれたい」第118話。今回は、息子とお出かけしたときのエピソード。久しぶりのある息子の行動で気づいたことがあったそうです。

今回は、息子とお出かけしたときのエピソード。久しぶりのある息子の行動で気づいたことがあったそうです。

 

続きを読む

奥さんと子どもに好かれたい第118話

子どもの成長はうれしいような、悲しいような……。

YUDAI9℃118-1

YUDAI9℃118-2

 

YUDAI9℃118-3

YUDAI9℃118-4

 

某ショッピングセンターなどにある「キャラクターカート」をご存知でしょうか。
菓子パンヒーローや、ネコ型ロボット、顔つき機関車、黄色電気ネズミなど選りすぐりの人気キャラクターを全面にあしらい、ハンドルやレバーが満載のコクピット付きの、あのカートです。

 

僕の息子もあれが大好きなのですが、人の多い休日などは家族そろって取り合いなので、「あそこの出口付近にはあったけど」「あっちのキャラクターのほうがいいね!」など店内を探し回ることもしばしば。

 

つい先日のこと、コロナ禍で人混みはなるべく控えていたのですが、久しぶりにカートのあるお店に行き、やっとの思いで1台確保し息子を乗せたところ、「きつい、もう乗らない」とひと言。

 

最近、少し手足が伸びたなとは感じていましたが、カート内に足が収まらないほど
息子の足は伸びていたことに、そのとき気づかされました。

 

「すくすく育っているんだね」と実感しながら、ウインドーショッピングを楽しんだのですが、後半、疲れて眠たくなった息子にせがまれ、体重16kgを抱っこしながら、広い店内をさまようことに……。

 

「体の成長」「中身は子ども」2つを同時に体験した1日でした。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターYUDAI9℃

    2017年6月4日生まれの男の子を子育て中のパパイラストレーター。奥さんと子どもにどうにかして好かれたい一心で、毎日生きている。普段はこぶたのキャラクター「ポトフスキー」を描いている。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP