マンガ 体験談 ぼさ子 障害のある息子からの学び

「気づかなくてごめんね…」まさか泣き止んだ?私の大罪とは? #障害のある息子からの学び 3

1
12
第3話。いつも寝るときに大暴れするほぺろうくんですが、このとき、ぼさ子さんがぎゅっと抱きしめると?障害児を子育てするなかで気づいたこと、心境の変化を綴る「障害のある息子からの学び」を短期連載でご紹介します。

連載 障害のある息子からの学び

自閉症と中度知的障害を持つ2015年生まれのほぺろうくんのママ、ぼさ子さん。障害児を子育てするなかで気づいたこと、心境の変化を綴る「障害のある息子からの学び」を短期連載でご紹介します。

続きを読む

障害のある息子からの学び 第3話

ほぺろうくんが3歳ごろ、保育園に入園できたものの癇癪がひどすぎて精神的に追い詰められて限界に……。

 

しかし突然「もしかして、ほぺろうは、ずっと前から私の表情に苦しんでいたんじゃ?」と思いつき、「ほぺろう!大好きだよー!」と思い切り抱きしめたところ……?!

 

障害のある息子からの学び 第3話

 

障害のある息子からの学び 第3話

 

障害のある息子からの学び 第3話

 

障害のある息子からの学び 第3話

 

障害のある息子からの学び 第3話

 

ほぺろうは言葉も無く、考えてるころもよくわからない子だったので


「お母さんのことなんて何とも思ってないんだろうな」


と勝手に決めつけていたのですが、そんな事は無かったのかも……。

 

この当時のこと思い出すと、本当「うわぁあああーーっ」ってなる。


ほぺろうはずっとお母さんが寄り添ってくれるのを待っていたのかと思うと、
私、大罪すぎるー(泣)!!!

 

 ◇  ◇  ◇

 

いつも寝るときに大暴れするほぺろうくんですが、このとき、ぼさ子さんがぎゅっと抱きしめると、癇癪がスッと落ち着き、安心したように眠りに落ちたのでした。

 

監修/助産師REIKO 

連載 障害のある息子からの学び

前の話を読む 2話

「それって超つらくない?」暴れる息子に呆れ顔…まさか私が苦しめていた? #障害のある息子からの学び 2

次の話を読む 4話

毎晩「大好きだよ」と伝え続けてみたら…息子に起きた驚きの変化とは? #障害のある息子からの学び 4

最初から読む 1話

「もう消えたい」限界どん底育児でハッとした「大切なこと」とは? #障害のある息子からの学び 1

著者

イラストレーター ぼさ子


自閉症と中度知的障害を持つ、2015年生まれの息子を育児をしています。いまだに発語はありませんが、母目線でその成長記録を綴っています。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • とても考えさせられるお話だけど、そんなに自分を責めることないと思う。
    好きでしんどい顔ばかりしてるお母さんなんていないよ。その時はそれが精一杯だったということでしょ。
    +40 -3

 
 

マンガの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。