「ねぇ、なんで私病院にいるの?」奇行を繰り返し搬送された娘。退院後の言葉にビックリ!#15

「5歳で熱性けいれんになった話」第15話、最終話。「熱性けいれん」と診断されたものの、あーちゃんの様子がおかしいため、入院して様子を見ることに。

夜間に40度を超える高熱が出たものの、お薬を飲むと熱が下がり、翌朝ようやく平熱に!

退院することになったあーちゃんが発した、驚きのひと言とは?!

 

続きを読む

「5歳で熱性けいれんになった話」第15話

「5歳で熱性けいれんになった話」第15話

 

「5歳で熱性けいれんになった話」第15話

 

「5歳で熱性けいれんになった話」第15話

 

「5歳で熱性けいれんになった話」第15話

 

「5歳で熱性けいれんになった話」第15話

 

「5歳で熱性けいれんになった話」第15話

 

「ところで、あーちゃんなんで病院にいるの?」

 

えーーー!!!

 

よく聞くと、高熱が出ていた間の記憶が途切れていて、救急車に乗ったことも覚えていなかったそう。

 

5歳を超えてからの熱性けいれんは珍しいとのことですが、起きないわけではありません。あーちゃんが無事に退院できてよかったですね。

 

3カ月の間に2回も救急車を要請することになってしまった、かとさん。

もう救急要請する事態が起こらないことを願っています!

 

前回の話:「絶対いや!やめて!」40度超えの高熱のなか、5歳の娘が無言で必死に訴えたこととは? #14

監修/助産師REIKO 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターかと

    幼稚園児の姉弟のママ、かとさん。Instagram(@kato_usausako)では、育児や実体験した怖い話などをマンガ化し、フォロワー10万人超と人気。ベビーカレンダーでは、実体験マンガやフォロワーさんの体験談マンガなどをご紹介しています。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP