「人ってこんなに怒られる?」あまりの迫力にショックを受けた公開説教

「奥さんと子どもに好かれたい」第122話。今回は、息子と映画に行ったときに出くわしたとあるできごとについて。あまりの迫力に驚きつつも、いろいろ考えさせられたそうです。

 

続きを読む

奥さんと子どもに好かれたい第122話

人にはそれぞれ事情があるのでしょう。
わかってはいるのですが……。

YUDAI9℃122-1

YUDAI9℃122-2

 

YUDAI9℃122-3

YUDAI9℃122-4

 

息子と映画に行ったときのこと。
ベンチで開場を待っていると隣から怒号が聞こえました。


「ほら! だから言ったでしょ!」「まずなんていうの! まず謝りなさい!」


恐る恐る様子をうかがうと、お母さんと一緒に来ていた5歳ぐらいの男の子の持っていたポップコーンがカップからこぼれてしまったようでした。

 

「早く謝りなさい! あなたはいつもそうだ!」と怒号を飛ばすお母さん。
男の子はお母さんよりもはるかに落ち着いた様子で、ポップコーンをせっせと拾っていました。

 

そのあまりの迫力に僕は若干引いてしまったのですが、普段大声で怒られることに慣れていない僕の息子も

「人ってこんなに怒られるの……?」

とでも言いたそうな顔でショックを受けているようでした。


急に怒りがマックスになってしまうことは、僕にももちろんあります。
子どものためを思って、つい怒ってしまうのは愛情があるからこそだということも理解はしているつもりですし、これまでも同じようなことがあって公開説教になってしまったのかもしれません。


それぞれの家庭に事情があるのだと思います。


ただ、楽しみに映画を待っていた息子のテンションが、その瞬間、一気に下がってしまったのはとても残念でした。子どもに謝罪ばかり求める発言も若干気になりました。


つくづく「子どもを正しく叱る」ということについて考えさせられました。
家でも外でも気をつけないといけませんね……。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターYUDAI9℃

    2017年6月4日生まれの男の子を子育て中のパパイラストレーター。奥さんと子どもにどうにかして好かれたい一心で、毎日生きている。普段はこぶたのキャラクター「ポトフスキー」を描いている。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP