医療 妊娠 出産 予防接種 病気・ケガ 産後 病院 感染症 新型コロナウイルス

【緊急】新型コロナ感染への不安の声。妊婦さんが「今」できることって?

3
16
全国的な新型コロナウイルスの蔓延に伴い、保健所や医療施設の業務が逼迫し、入院したくても(させたくても)入院できず、自宅療養を余儀なくされている方が日に日に増加しています。そんななか、新型コロナウイルスに感染し自宅療養していた妊婦さんの入院先が見つからず、自宅で出産、残念ながら赤ちゃんは助からなかったとの報道がありました。

妊婦さん

 

続きを読む

自宅療養中の妊婦さんが自宅で出産、赤ちゃんは助からず

柏市保健所によると、妊婦さんは妊娠29週、30代でひとり暮らしだったとのこと。感染が判明したときは軽症の診断だったようですが、保健所への届け出には「妊婦」という情報はなかったそうです。3日後、保健所の聞き取りがおこなわれ、妊婦さんであることがわかります。そして、呼吸苦を訴え、酸素飽和度の低下も見られたのですが、対応できる医療機関が見つからず自宅療養が継続されることに。

 

受け入れ先の病院が見つからないまま、この妊婦さんは保健所の聞き取りがあった3日後におなかの張り、出血が見られ、かかりつけの産婦人科や保健所、県の調整本部などで入院調整がおこなわれましたが、入院先は見つからず、自宅で赤ちゃんを出産しました。

 

その後この妊婦さんが自ら救急要請をおこない、赤ちゃんは病院に救急搬送されましたが、残念ながら亡くなったということです。

 

妊婦さんもワクチン接種を

妊娠中、特に妊娠後期に新型コロナウイルスに感染すると、重症化しやすいとされています。そのため、日本産婦人科学会は妊婦さんに対し、時期を問わずワクチンを接種することをすすめています。さらに妊婦さんの約8割が夫やパートナーからの感染であることから、夫またはパートナーへのワクチン接種をすすめています。

 

ワクチン接種をするにあたり、やはり気になるのが副反応かと思います。ですが、副反応に関しては、妊婦さんと一般の人に差はないこと、副反応の有無にかかわらず、妊娠の異常(流産、早産、その他)の頻度はワクチンを打たなかった妊婦さんと同じであると報告されいます。また、副反応で発熱した場合も、アセトアミノフェンは内服しても問題ないとしています。

 

接種を希望される場合は、あらかじめかかりつけ医に相談し、接種の際はその旨を接種会場の問診医に伝えて、接種を受けましょう。

 

 

本来であれば救えたかもしれない赤ちゃんの命。このことを機に、神奈川県秦野市では妊婦さんを対象とした新型コロナワクチンの優先接種枠を設けると発表、兵庫県姫路市も妊婦さんと配偶者の優先接種をおこなうと発表しています。また、千葉大病院が新型コロナウイルスに感染した妊婦さんの専用病床設置を発表するなど妊婦さんに対する新型コロナウイルス対応に動きが見られています。

 

二度とこのようなことが起きないようにスピーディな対応が望まれますが、実際問題、人員の確保などクリアしなければならないことも少なからずあるかと思います。ですので、やはり、感染しない・させないことが大切になってくるかと思います。今一度基本に立ち返り、人との接触を避ける、正しいマスクの着用・手洗いなどできることからおこなって未然に感染を防げるようにしましょう。

 

【不安を抱えている人へは相談窓口へ】
都道府県等における妊婦の方々への新型コロナウイルスに関する相談窓口

 

監修者・著者

助産師 REIKO


医療短期大学専攻科(助産学専攻)卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務。 大学附属病院で助産師をしながら、私立大学大学院医療看護学研究科修士課程修了。その後、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • ワクチンも大切ですが、感染の機会自体も減らせるように、産休を早く取得できるなど、妊婦の為の制度を一時的にでも作って欲しいです。
    マスクやアルコール消毒など、平時よりも負担が増えていますので。
    +20 -0
  • 今妊娠35週で、昨日新型コロナ陽性が判明しました。これから一週間ほど、重症化の不安と闘っていくことになります。 産休入ってすぐ、夫の感染が判明し、家庭内感染しました。夫の発症も1回目ワクチン接種予約取… もっと見る
    今妊娠35週で、昨日新型コロナ陽性が判明しました。これから一週間ほど、重症化の不安と闘っていくことになります。
    産休入ってすぐ、夫の感染が判明し、家庭内感染しました。夫の発症も1回目ワクチン接種予約取った次の日でした。
    私もワクチン接種したかったです。接種券来たのが遅く、妊娠は基礎疾患でもないですし、45歳以下なので、大規模接種会場しか接種できる選択肢はなく、2回目予約するには出産予定日になってしまうため、あきらめました。
    かかりつけの産院ではやっと21日より妊婦のワクチン接種始まりましたが、32週までです。
    私は手遅れでしたが、これから出産控える妊婦さんはワクチン接種した方がいいと思います。今のところ私は熱が37℃程度ですが、夫は解熱剤飲まなければ、39℃が一週間続きました。もちろん、ほとんど何も食べれず、水分だけ必死でとるぐらい、解熱剤もアセトアミノフェンは効かなくなっていました。妊娠してこの症状が出てきては、耐えきれないと思います。当たり前ですが、これで軽症です。あとは私自身が37℃程度の発熱で済むのか、高熱になってくるのか不安です。
    +11 -3
  • 言いたいことはわかりますが、妊婦だからと摂取券が早く送られてくるわけでもなく、優先予約がとれるわけでもない、なのに、妊婦はワクチンをうちましょうとばかり言われても。。
    +38 -1

 
 

医療の人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。