マンガ 体験談 和田フミ江

耳に付けるだけで華やかに♪オシャレってやっぱり楽しい!#ときめけ!BBA塾18

3
イラストレーターの和田フミ江さんによる連載マンガです。40代に突入した和田さんの日常エピソードをご紹介! 今回は、和田さんを助けてくれたというお役立ちアイテム、イヤリングのお話です。

 

パートを始めてからあっという間に1年経ちました。仕事を始めたころ、悩んだのが「着ていく服がない! 」ということ。今まで自宅で仕事していたため、手持ちの服はラフというか雑というか、オフィス感がまったくないものばかり。少し服を買い足しはしたものの、そう何着も新しい服を買うほどの余裕はなく……。服装は自由な会社ですが、あまりカジュアル過ぎるのもなあと思っていました。

 

そんな私を助けてくれたお役立ちアイテムは「イヤリング」でした。

BBA1

いやー「イヤリング様様(さまさま)」です。

 

私は耳たぶが薄く、時々イヤリングを落としてしまうため、なかなか高級なものはつけられないのですが、安くてかわいいものやヘンテコなものなどを選んで楽しんでいます。耳元に限らず、やっぱりおしゃれを楽しむ心って大事だなあと、改めて思ったのでした。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

著者

イラストレーター 和田フミ江


姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。