保育園で大人気!買って損ナシ!現役保育士がおすすめの定番絵本

保育士の中田馨さんが、定番絵本の中でも秋に楽しめる絵本を教えてくれました。『くだものさん』、『おふろにいれて』、『ぐりとぐらのえんそく』など4冊を詳しく解説! 保育士ならではの視点にも注目です。

秋におすすめの絵本

 

こんにちは!保育士の中田馨です。朝夕が涼しくなってきて、秋がやってきましたね。今回は、子どもたちも大好き!私も大好き!1~2歳のお子さん向けの、秋にちなんだ絵本を4冊紹介します。

 

続きを読む

『くだものさん』(学研教育出版)

『くだものさん』(学研教育出版)

 

亀山達矢さん、中川敦子さんのユニット・tupera tuperaの絵本です。

 

秋は「食欲の秋」とも言われます。秋ならではの食材と言えば「果物」。物語の舞台は果樹園です。「かじゅえんに やってきました くだものさん くだものさん だあれ」というと、葉っぱに隠れた果物がしかけ絵本になって顔を出します。

 

「ぽろりん りんごさん」とにっこり笑ったりんごさんが顔を出します。次のページには「くだものさん くだものさん だあれ」と、葉っぱに隠れたまた違う果物たちが出てきます。

 

「くだものさん くだものさん だあれ」と繰り返しがあること、しかけ絵本になっていること、季節の身近な果物が出てくること。その果物たちの表情が個性豊かなこと。どれも子どもたちにとって楽しめる要素です。何度も読んでいるうちに「くだものさん くだものさん だあれ」のページで少しだけ見える果物を先に「カキ!」と子どもが答え始めることもあるでしょう。「わ!これで分かったの?カキかな~?」なんて言いながら、絵本をめくるのもいいですね。
 

『おふろにいれて』(ポプラ社)

『おふろにいれて』(ポプラ社)

 

せなけいこさんの絵本です。登場人物は、男の子のりゅうちゃんと動物たち。そして、せなさんの絵本によく出てくる「おばけ」です。このおばけ、実はお風呂が大好きなんです。

 

「みなさんは おふろが すきですか? りゅうちゃんが おふろにはいっているとー おやおや まどで だれかが のぞいているぞ」と、犬、猫、うさぎと次々と動物たちがお風呂に入ってきます。そして、次にやってきたのが、なんとおばけ!

 

みんなびっくりして逃げ出しますが、おばけは「ぼくは いいこの おばけだよ!」と言ってみんなに呼びかけます。夏は、シャワーだけだったご家庭もあるでしょう。肌寒い秋がやってきて、湯船につかる機会も増えますので、ぜひ親子で読んでほっこりあたたかくなってください。

 

 

『ぐりとぐらのえんそく』(福音館書店)

『ぐりとぐらのえんそく』(福音館書店)

 

なかがわえりこさんとやまわきゆりこさんの「ぐりとぐら」シリーズです。

 

秋の風を感じていると、なんだか自然豊かなところにお出かけしたくなる気持ちになりませんか? そんなときはこの絵本がおすすめです。「リュックサックを しょって すいとうを さげた のねずみの ぐりとぐらは、いくら リュックが おもくても くたばらないぞ くりとくら えんそくの たのしみは りゅっくのなかの おべんとう ぐり ぐら ぐり ぐら」と物語が始まります。

 

「そろそろ おひるの ベルが なるころだ」と時計を見るとまだ10時。体操したりマラソンしたりしていると、ぐりが毛糸に絡まり転びます。ずっと続く毛糸の先は……と物語が続きます。

 

ぐりとぐらの絵本の楽しみと言えば、何といってもおいしそうな食べもの。今回も物語の後半に、ぐりとぐら特製のおいしそうなお弁当が出てきます。見ているだけでおなかがグーッと鳴りますね。私も中高生の子どもたち連れて、近くの河原へお弁当持ってピクニックに行きたくなりました。
 

『14ひきのあきまつり』(童心社)

『14ひきのあきまつり』(童心社)

 

いわむらかずおさんの14ひきのシリーズの絵本です。14ひきのねずみの家族が住んでいる森に秋がやってきました。「あきの もりで かくれんぼ。こんどは さっちゃんが おに。もういいかい。まあだだよ。おかあさんたち、きのみとりに いってるよ」と物語が始まります。

 

かくれんぼをしているうちに、ろっくんが見当たらなくなりました。家族でろっくんをさがします。すると、森の中ではバッタやかえる、きのこ、どんぐりたちが「わっしょい わっしょい」とおまつりをしています。ろっくんを探している間に出会う不思議な風景。そして、ろっくんはどこにいったのか?

 

大人の私は、少し緊張しながら読み進める絵本です。14ひきのシリーズは、森の季節の描写がとても美しく、ページをめくるたびにその絵を見て楽しくなります。物語ももちろんですが、目で見て楽しめる絵本ですね。そして、最後には家族14ひきの食事のシーンがあります。

 


今回は、秋に読むのにおすすめな絵本を4冊紹介しました。秋ならではの絵本を見つけて、お子さんと楽しんでくださいね。
 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    保育士中田馨
    一般社団法人 離乳食インストラクター協会 代表理事 中田家庭保育所施設長

    0~2歳対象の家庭保育所で低年齢児を20年以上保育する。息子が食べないことがきっかけで離乳食に興味を持ち、離乳食インストラクター協会を設立。現在は、保育士のやわらかい目線での離乳食の進め方、和の離乳食の作り方の講座で、ママから保育士、栄養士まで幅広く指導。離乳食インストラクターの養成をしている。「中田馨 和の離乳食レシピ blog」では3000以上の離乳食レシピを掲載中。『いっぺんに作る 赤ちゃんと大人のごはん』(誠文堂新光社)も発売中!

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    エンタメの新着記事

  • PICKUP