「よく別れなかったな」散らかり放題の部屋で冷凍食品を食べていた私の結婚後…

幼いことから掃除が苦手で、ひとり暮らしを始めてからもそれは直らず、散らかった部屋を眺めながら冷凍食品を食べていた独身時代。しかし、そんな私が結婚。夫と2人暮らしを始めてどうなったかというと……。

「よく別れなかったな」散らかり放題の部屋で冷凍食品を食べていた私の結婚後…

 

掃除や整理整頓が苦手だった独身時代

私は幼いころから掃除や整理整頓が苦手で、自分の勉強机が物であふれかえっていたため、リビングで勉強をしているくらいでした。大学進学を機にひとり暮らしを始めてもそれは直らず、床も棚も常に散乱とした状態でした。

 

彼を部屋に招くときは2時間以上かけて掃除をしていましたが、それもだんだんと面倒になり、いつのまにか散らかった部屋に平気で彼を入れるようになりました。今思えば、あの惨状を見ても別れを切り出さなかった彼は本当に心の広い人だと思います。

 

勝手にきれいになっていく新婚生活

結婚が決まり、2人で暮らすために家事を分担することに。彼は私とは反対に独身時代も常に部屋がきれいでしたが、料理が苦手だったので、彼が掃除をまとめて引き受けることになりました。私は得意というほとではありませんでしたが、好きではあった料理と、洗濯を引き受けることにしました。

 

実際に生活がはじまると、彼のおかげで、私は何もせずとも部屋がきれいになっていきました。つい貯めがちなものも勝手に整理されてゴミに出されるので、独身時代では考えられないほど快適な環境で過ごせるようになったのです。

 

好きな家事にも身が入るように

一方で私が引き受けた料理や洗濯も、自分だけのものではないため責任感が生まれました。特に料理は相手の健康を支えているという意識が芽生え、バランスの良い食事づくりを意識するようになりました。

 

また彼が私の料理を楽しみにしてくれて、おいしそうに食べている姿を見ると、毎食おいしいものを作ろうという気力が湧きました。独身時代は栄養も考えず、手の抜いたご飯ばかりを食べていましたが、結婚してからは、彼のおかげで自分も栄養バランスの取れたおいしい食事を毎日食べられるようになるという好循環が生まれたのです。

 

マイナス面は食材の買い出しが増えること程度。好きな料理を極められ、苦手な掃除や整理整頓をしなくていい今の生活は、独身時代と比べてもとても豊かに感じます。

 

 

私は結婚して2人で暮らし始める際のもっとも大きなメリットは、さまざまなものを分担できることだと考えています。特に得意なことがそれぞれ違えばお互いの短所を補えるため、独身時代よりも楽しい生活が送れるのだと痛感しました。

 

現在もこの家事分担制でうまく生活が回っているので、これからも支え合って過ごしていきたいと思います。

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

著者/百田

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶