マンガ 体験談 和田フミ江

素早い計算力!謎の「産める・産めない」チェックをしてしまう私 #24

4
イラストレーターの和田フミ江さんによる連載マンガです。40代に突入した和田さんの日常エピソードをご紹介! 今回は、和田さんがついやってしまうというあるチェックについてお届けします!

BBA

 

社会に出てはや20数年。どこにいっても下っ端だったのに、あっという間に周りに年下の方が増えました。

 

さほど違和感なく受け入れていた変化でしたが、平成ベビーが社会人になったあたりで「おおっ!?」となったのを覚えています。その「おおっ!?」は年々大きくなっていき、ここ数年ついついやってしまうことがあります。それは……。

BBA

 

最初は誰かの年齢を聞いて「え〜! 若い! じゃあ、私すごく早く妊娠してたら産めるじゃん! アハハ〜」なんて笑っていた気がします。若干の自虐ネタのような感じで……。それがいつの間にかクセになってしまったようです。

 

若者の年齢を聞くと、瞬時に自分との年の差を計算して、「頑張れば産める!」「あー、ちょっと厳しい!」などと謎の『産める・産めない』確認。それを確認したところで、誰も何も得しないのに、ついついやってしまいます。

 

これ、私だけなのかな……? ほかにもシャビーン!!と計算してしまう方、いらっしゃいますか?

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

著者

イラストレーター 和田フミ江


姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。