自分でもびっくり!50歳目前に起こった意識の変化がもたらしたものとは

今まで何をするのも手早さが自慢だった私は、例えば料理はいかに早くおいしく仕上げるか、掃除はいかに早く終わらせるか、常に時短を意識することがとても楽しみでした。しかし、50歳を目前に時短思考は別の思考へと大きく変化することに。自分自身が驚くような意識の変化が急に訪れたのは年齢的に更年期と関係あるかも?と思いつつも謎のまま。今はこの意識の変化を受け入れて、自分にとって心地の良い生き方を大切にしているという体験談です。

この記事の監修者

医師駒形依子 先生
産婦人科 | こまがた医院院長

東京女子医科大学医学部卒業。米沢市立病院入職後、再び東京女子医科大学に戻り、専門医を取得。同大学産婦人科に入局し産婦人科医として働きつつ、性科学を学び、また東京女子医科大学東洋医学研究所で東洋医学を学ぶ。2019年1月に地元山形県米沢市にて、こまがた医院を開業。著書に『子宮内膜症は自分で治せる(マキノ出版)』『膣の女子力~女医が教える「人には聞けない不調」の治し方(KADOKAWA)』。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
1 クリップ

意識変化1

 

意識が変化する以前の私の楽しみ

意識変化2

 

大きな意識の変化が起こるまでの私は、仕事や家事などさまざまな場面で時短を意識し少しでも要領よくおこなうことが楽しみでした。そのため、周りの人たちからは「手早い」という評価も。しかし、私の時短思考は人からの評価を意識していたわけではなく、ただ時短を考えることが楽しみでした。

 

例えば拭き掃除をするときは小ぶりの雑巾を10枚ほど用意し、拭き掃除中には何度も雑巾を洗うことなく10枚の雑巾をどんどん使用していき、最後にまとめて洗濯機へ。また料理でも半調理したものを冷凍して時短調理に使用したり、砂糖+醤油+だし+にんにく+しょうがなどを混ぜた自分好みの万能だれを作っておき、さまざまな料理の簡単味付けに使用したりと、時短アイデアが浮かぶとすぐに実行していました。

 

例え人から見ればちょっとした時短であっても、私にとっては時短を考えているときがとても充実感があり楽しかったのです。

 

自分自身が一番驚いた意識の変化

意識変化3

 

数カ月ほど前、掃除中になぜか時短意識が起こらず、結果としていつもより時間をかけて丁寧に掃除をしたところ、それがとても心地良く感じました。このことがきっかけとなり、その後、あれほど強かった時短意識が急に薄れてしまったのです。なぜ急に長年の意識が変わったのか自分でも驚いています。強いて言えば年齢的に更年期による精神的な変化が起こっているのかも知れないと思うようになりました。ほかにも車のゆっくり運転がストレスだった私が、最近それが心地良く感じるようなっています。

 

しかし、これらの変化は自然に自分の中から湧き出た感情なので否定することなく変化に従うことに。そのため仕事や家事にかかる時間は今までの約1.5~2倍ほどに増えましたが、それが今の私にはとても新鮮で心地良いリズムだと感じています。

 

意識の変化とともに感情にも変化が

意識変化4

 

短期間で大きな意識の変化が起こるとともに、湧き上がる感情にも変化が。例えば時短意識が強かったときは、時短を考えそれを実行することで、ある意味ゲーム感覚のような楽しさがありました。そして最近、時短より丁寧を意識するようになると以前のようなゲーム感覚の楽しさではなく、丁寧にすることに対して大きな満足感が得られるようになったのです。

 

このように感情にも大きな変化が起こると、例えば掃除も以前より丁寧に時間をかけておこなうようになり、その結果、家の中も以前よりスッキリ。また料理にかかる時間は増えましたが、繊細な味付けや細工などにも丁寧になり、手間を惜しまなくなったので家族からもおいしいと褒められることが増えました。このように時間をかけてでも丁寧を意識することで得られる満足感が今の私にはとても心地の良いものとなっています。

まとめ

アラフィフになって時短重視から丁寧重視という大きな意識の変化が起こった私は、一部分にせよ、まるで人が変わったような自分を感じることも。原因を考えても例えばコロナ禍で時間に余裕ができたということもなく、やはり年齢的に考えて更年期による気分の変化かな?とも感じています。

 

もし更年期が関係しているなら、本当にいろいろな変化をもたらすものだと思いました。原因を探して理屈で納得するより、自然に感情のままを受け入れることが自分を大切にすることだと感じています。そして、この大きな意識の変化が今後の私らしさにつながっていくのか、また大きな変化をするのかちょっぴり楽しみです。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:Sakura

子どもは独立し今は夫と2人暮らし。大好きなアクセサリー作りを仕事に。収入は少ないけど好きなことなので意外と気に入っている。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶