「えっ? 買わなくていいの?」用意しがちな赤ちゃんにいいおもちゃ。実は遊ばなくて大丈夫なんです!

助産師・国際ラクテーションコンサルタントの榎本さんががんばりすぎなくてもいい育児について教えてくれました。いいおもちゃを買って、たくさん遊んであげなきゃ! と思いすぎていませんか?

この記事の監修者

助産師榎本美紀
国際ラクテーションコンサルタント・おむつなし育児アドバイザー

2001年に助産師免許取得後、杏林大学医学部付属病院・さいたま市立病院・順天堂大学練馬病院の勤務を経て、2013年に埼玉県さいたま市に訪問型の助産院「みき母乳相談室」を開業しました。病院勤務での経験を元に、母乳育児支援の国際ライセンスである国際ラクテーションコンサルタントとして、地域の母乳育児を支援しています。訪問時の相談は、母乳だけではなく離乳食や抱っこひも、スキンケア、寝かしつけなど多岐にわたることも。また、おむつなし育児アドバイザーとして、トイレトレーニングなどの相談も受けています。自身も一児の母として奮闘中です。

おどろくママのイメージ

 

「赤ちゃんに何かいいおもちゃがないかな」と思いがちですが、実は身近にあるものが赤ちゃんにとって興味津々のおもちゃ代わりになることがあります。お家だけではなく、外出時などぐずってしまったときなどにも試してみてくださいね。

 

続きを読む

おしり拭き

触ると入れ物のビニールがガサガサと音がなります。その手触りとガサガサの音に赤ちゃんは興味津々となることがあります。さらに、おしり拭きをティッシュのようにシュッシュと出すのも楽しいようです。しかし、何枚も出されてしまうと、無駄になってしまい困りますよね。


全部使い終わったあとのものや、簡単に開けられないふたをつけておくといいかもしれません。おむつ交換中に寝返りをしてしまって困る場合にも、おしり拭きを渡しておけば遊んでいる間に交換できて助かります。
 

ペットボトル

赤ちゃんの好きなもので有名なのが、ペットボトル。両手で持てる300ml程度の小さめなものがおすすめです。キャップは外れないようにしっかり閉めて、ビニールテープなどで固定しておくようにしましょう。


歯が生えてきている時期は外側の包装フィルムを噛みちぎってしまうこともあるので、外しておくと安心です。空のものでもいいですが、少し飲み物が残っていると振ると液体が動くのを目で楽しんだり、シャカシャカと音がなるのも楽しめます。床を転がして遊ぶのもいいかもしれません。


中にお米や豆、ビーズを入れるとマラカスのように音がなるおもちゃになります。そこに水を入れると中の物がゆらゆらと動くおもちゃにもなります。中に小さな物を入れる場合も、キャップがとれないようにビニールテープなどで固定しましょう。
 

 

ビニール袋を風船がわりに

ボールがなくても、ビニール袋に空気を入れて口をしばれば風船のようになります。手で触ってガサガサして楽しんだり、ポンポーンと下から上に向かって叩いてみせてもいいでしょう。


ビニール袋の中に紙や折り紙などを小さくちぎったり丸めて入れると、動くたびに揺れるのがみえてさらに楽しめます。ビニール袋は口の中に入れて口を塞いだりすることがあるので、遊ばせている間は、赤ちゃんから目を離さないようにしましょう。

 


今回ご紹介した3つは、実際におもちゃより赤ちゃんが興味をもつことが多いです。毎日の赤ちゃんとの生活の中で、取り入れてみてくださいね。

 


※直径39mm以下(トイレットペーパーの芯を通るもの)は誤飲するおそれがあります。赤ちゃんに渡さないでください。
※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。

※お子さまが遊んでいる間はそばで見守るようにしましょう。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • 関連記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP