「え!なんの用?」授乳中、義父が無断で部屋に入って来た!夫は味方してくれなくて #モラ夫 14

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第14話。離婚済み2児シンママ・モグさんと顔がタイプのモラハラ元夫との体験談です。タロくんのお宮参りのあと、義実家にお邪魔することになったモグさん。

義実家に行くときはいつも、リビング横の部屋を借りて授乳をしていました。この日はお宮参り後でワンピースを着ていたので、前を開けて授乳をしていました。

 

すると、ありえない事件が……!

 

続きを読む

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第14話

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第14話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第14話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第14話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第14話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第14話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第14話

授乳すると伝えていたのに、まさかの義父が入って来た! しかも、棚から物を取って無言のまま部屋から出て行った……。

 

授乳中だというを忘れて入ってしまった事故だとても、なにか一言あってもいいのでは……? この話をマロくんにすると、味方になってくれるどころか……?!

 

 

「そもそもここ、うちだからさ」

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第14話

※写真館で写真を撮ると聞いて突如金髪にしてきたマロくん

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第14話

 

授乳しているところは、自分の父親にだって見られたくないものなんだよ。一番頼りたい存在の夫は、こんなときも私の味方にはなってくれない。

 

「そもそも、ここうちだから。わざとじゃないんだから」

「お前はいつもおおげさなんだよ」

 

そう言って、モグさんのつらかった気持ちに寄り添ってくれることはなかった。この義父事件が、のちに大波乱を巻き起こすとは、このとき知る由もなかった……。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターモグ

    2児の母でシングルマザー。顔が好みの夫と結婚したら結婚後モラハラ夫に豹変。数年間のモラハラ結婚生活体験談を鳥頭ゆばさんによりマンガ化。著書『顔で選んだダンナはモラハラの塊でした』(KADOKAWA)

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • 通報
      夫と義母はモラハラ・マタハラ、義父はセクハラ、ハラスメントのデパートやね。
      この親にしてこの子ありとは良く言ったもんですわ。。
      +93 -3
    • 通報
      え…?声もかけずに入ってくるの?義母もそれ止めないの?怖っ。部屋借りた意味分からないかね普通。 別にモロ見えだったわけじゃないって、おっぱいあげる為にワンピース全開にしてたのにモロじゃないならどっから… もっと見る
      え…?声もかけずに入ってくるの?義母もそれ止めないの?怖っ。部屋借りた意味分からないかね普通。
      別にモロ見えだったわけじゃないって、おっぱいあげる為にワンピース全開にしてたのにモロじゃないならどっからがモロなんだ。充分裸見られるようなもんだろ。その匙加減決めるのおめーじゃねーわ。見られる本人が決めんだわ。
      +163 -6

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP