マンガ 体験談 和田フミ江

実家をたたむ③難航!店舗の後処理で1番大変だったのは…? #45

4
イラストレーターの和田フミ江さんによる連載マンガです。40代に突入した和田さんの日常エピソードをご紹介! 今回は店舗を片付けた際に、思わぬ報酬があったというお話です。

BBA

親が元気なうちに早めに実家をたたむことにしたわが家。前回に引き続き、片付けの話です。

 

うちの実家の片付けで普通のおうちよりちょっと大変だった点。それは、店舗付き住宅だったことです。

BBA

 

店内の商品はセールで売り尽くし、あとには空の陳列棚が残りました。居住部分から出るゴミは粗大ゴミも含め自治体のごみ収集に出せるのですが、店舗部分から出るごみは産業廃棄物扱い。自力で処分するしかありませんでした。

 

私がいない間に母と弟が頑張って解体し、トラックを知人から借りて中間処理業者に自力で持ち込みましたが、とても大変だったそうです。母が元気なうちに店じまいをしておいてよかったなというのが正直な感想でした。

 

<つづく>

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

著者

イラストレーター 和田フミ江


姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

マンガの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。