「ごめんなさい、ごめんなさい⋯」怒り爆発の私に謝り続ける息子。驚愕の事実を知り私は大後悔…【体験談】

私の住む地域では入園前におむつがはずれていなければならない園が多いことを知りました。息子は1歳半ごろからトイレトレーニングを始めていましたが、3歳前になってもまったくおむつがはずれる気配がありません。そこで強制的なおむつはずしに出ましたが、なかなかうまくいかない日々。ある日、私の怒りは爆発してしまいました。しかし、うまくいかないのには理由があることを知って今は怒ったことを後悔しています……。

泣いている男の子イメージ

 

続きを読む

夏に家の中でおむつを強制的に外した

1歳半ごろからトイレトレーニングをしていましたが、3歳前になってもおむつがとれる様子のなかった息子。ネットの体験談や友人から、「夏は室内で何もつけないでいるといい。部屋の中でおもらしはしてしまうけれど、子ども自身それが嫌で1カ月でおむつはずれができるようになる」というアドバイスがあり、3歳前の夏ごろそれを決行しました。

 

おむつもズボンもはかないことに対してはなんの抵抗も見せず、むしろ快適そうに過ごしていた息子でしたが、アドバイスとは裏腹に、2週間経っても3週間経っても自らトイレに行くことが成功することはなく、リビングでおもらしをしてしまうという日々が続きました。

 

日中はおむつからおむつパッドに変更

家でのおもらしがまったくなくならないまま2カ月が過ぎたころ、少し肌寒くなってきました。そこで、何もはかないトレーニングは諦めて、おむつからおむつパッドに切り替えました。おむつパッドはおむつと違って、1回おしっこやうんちをしただけで子どもが不快感をおぼえると友人から聞いたからです。

 

トイレに行くことを促されると、タイミングが合えばトイレでおしっこやうんちをすることができるようにはなってはいましたが、自分ではタイミングが掴めていなかった息子。おむつパッドからおしっこが染み出すことが多々ありました。そうこうしているうちに、気づけばおむつはずれに1年以上かかっていました。私はストレスが溜まっていき、息子の失敗を責める回数も増えていきました。

 

ショッピングモールのトイレで怒りが爆発

ある日ショッピングモール内で、おむつパッドからおしっこが染み出していることがわかり、急いでトイレに駆け込みました。1年以上のおむつはずれの失敗の日々にストレスが頂点に達していた私は、「なんでできないの! なんでわからないの!」と息子を責め立ててしまいました。

 

涙目で私の顔を見ながら、小さな声で「ごめんなさい……、ごめんなさい……」と謝り続ける息子。その言葉で私は、なんでこんなに小さな子どもを責めているんだろうとハッとしました。そして同時に息子の心を深く傷つけてしまったと後悔しました。

 

理由があったことを知って…

幼稚園選びが始まったころ、ある幼稚園説明会で「おむつははずれていたほうが良いと思う親御さんが多いと思いますが、焦らないでください。このころはまだ膀胱が未発達な場合があって、本人ではどうしてもコントロールがきかないこともあるんですよ」ということを教えてもらいました。

 

息子は体も標準より小さかったのでこの説明はとても腑に落ちました。そして私は説明会後からは精神的にラクになっておもらしをしても責めることはまったくなくなりました。おもらしをしても怒られないことで息子もリラックスした様子になり、それから3カ月後のある日、突然トイレに完璧に行けるようになったのです。

 

 

息子の発達を見定めることなく、おむつはずしのトレーニングを1年以上強制したことは、親のエゴだったと反省しています。子育て中うまくいっていないときに、自分だけでなんとかしようと頑なになることは良くないことなのだと気づいた出来事。おむつが完全にはずれた3年たった今でも、思い出しては私は「ごめんね」と息子に思うのでした。

 

ベビーカレンダーでは、赤ちゃん時代を卒業して自己主張を始めた2~6歳までの子どもの力を伸ばし、親子の生活がもっと楽しくなる【キッズライフ記事】を強化配信中。今よりもっと笑顔が増えてハッピーな毎日なりますように!

 

監修/助産師REIKO


著者:大井絵衣

5歳男児の母。「楽しく子育てがしたい!」がモットー。台所育児を実践中で、息子が1歳のころから毎日夕飯を一緒に作るのが日課。自身の育児経験を中心に、子育て関連の記事を多く執筆中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      幼児教育に携わる友人から聞いた話です。 職場では、登園時、外遊び前後 、食事の前後などのタイミングに、定期的に必ずトイレに連れて行くそうです。 小さい子は、まずトイレに行く習慣、というのがないです。 … もっと見る
      幼児教育に携わる友人から聞いた話です。
      職場では、登園時、外遊び前後 、食事の前後などのタイミングに、定期的に必ずトイレに連れて行くそうです。
      小さい子は、まずトイレに行く習慣、というのがないです。
       おむつ外しを始める前に、1時間ごとなど定期的にトイレに連れて行く習慣を作ると、失敗しにくいですよ。毎回出なくても、おむつを外して便座に座り、出るかな〜と声かけて。
      うちは携帯アラームを1時間ごとに鳴らして、この音が聞こえたらトイレ、という習慣を作り成功しました。 
      アラームは、徐々に間隔を伸ばして、最終的にはアラーム無しで、朝起きた時、食事前後、外出の前後、お昼寝前後 、というタイミングが習慣になりました。
      習慣付けは手間がかかりますが、トイレ行きたい!という感覚から自発的にトイレに行けるようになるための第一ステップだと考えています。 

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    ママネタの新着記事

  • PICKUP