「誰か助けて…」多量の鮮血が。震えながら病院へ電話をするも… #2度の流産の話 12

「きみがママにくれたもの。2度の流産の話」第12話。6年の交際を経て結婚。入籍から3カ月後、妊娠が判明!しかしその翌朝、大量に出血し流産してしまいました。

妊婦健診で胎嚢を確認でき、ホッとするものの、前回の流産の経験が頭をよぎるりほさん。

妊娠8週を過ぎたころからつわりが始まり、さらに心拍も確認できました。

しかし、妊娠9週目を過ぎたころ、トイレに行くと少量の出血が!

病院へ連絡すると、様子を見るように言われて過ごしていましたが、ごく少量の出血は5日間続いて……

 

「きみがママにくれたもの。2度の流産の話」第12話

きみがママにくれたもの。2度の流産のおはなし #12

 

きみがママにくれたもの。2度の流産のおはなし #12

 

きみがママにくれたもの。2度の流産のおはなし #12

 

きみがママにくれたもの。2度の流産のおはなし #12

 

きみがママにくれたもの。2度の流産のおはなし #12


きみがママにくれたもの。2度の流産のおはなし #12

 

「さすがにこんなに出血が続くのはまずい……もう1度病院へ相談しようかな?」と考えながらトイレに行くと……

 

ついに生理のときのような多量の鮮血が出てしまいました。

 

藁にもすがる思いで病院へ電話をすると、

「初期の流産は止められないので、安静にしてください」と言われてしまいました。

 

初期流産は治療ができない、誰も助けられない、

誰も助けてはくれない……

前回の流産の経験で知識を得て、どうにもならないとわかっていても、

 

誰か助けて

お願いだから赤ちゃん助けて

 

涙を流しながらそう願うりほさんなのでした。

 

次回、「だいじょうぶ?」幼いわが子がずっと隣で言葉をかけてくれて……

 

監修/助産師REIKO

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター上枝りほ

    2014年生まれの男の子、2018年生まれの女の子のママ。2児の妊娠・出産までの軌跡を綴った短期連載「きみがママにくれたもの。2度の流産のおはなし」を公開している。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶