暮らし 体験談 結婚

「20歳も年上」でも結婚したい!彼の本気を確かめるために賭けに出た!

0
私が22歳で大学生だったころ、初めての東京旅行で出会った彼は私よりも20歳年上でした。展示会へ行ったときチケットの列でたまたま話しかけられ、趣味の美術の話で盛り上がり、ほぼ勢いで付き合うことに。しかも、北海道に住む私と東京で働く彼は遠距離恋愛で……。

「彼は20歳も年上」でも結婚したい!彼の本気を確かめるために出た賭けとは?

 

続きを読む

年上の彼との遠距離恋愛生活

彼との遠距離恋愛では、主に私が東京に行って会うという形でした。私は一人暮らしで、いつもはアルバイトや学業で忙しかったため、夏季休業などの長期休みを利用して彼のもとへ向かい、その間は彼の家で半同棲のように過ごしていました。

 

彼と食事を共にして、時間がある日はデートをして一緒に一日を終える。普段、遠距離で会えないからこそ、彼に会えたときの幸せは他と比べることなどできません。彼と過ごすうちに「結婚できたらどんなにいいものか」とふんわり結婚を意識するようにもなりました。

 

来てくれないなら別れる!腹をくくった北海道デート

結婚を意識し始めてからすぐの大学4年生の秋、彼に「北海道に会いに来てほしい」と言いました。今までは私から彼に会いに東京へと行っていましたが、彼が北海道に来てくれることはなく不公平さも感じていました。たまに「会いに来て」と言うこともあったのですが、彼は「今度行くよ」と言いながら仕事や日程の調整をしない姿に、「軽い気持ちで付き合っているのかも」と寂しさと不安が募るようになり、「来てくれなかった別れよう」という気持ちで一種の賭けに出たのです。

 

普段の様子とは違って真剣な私の言葉に、彼も何か察したのか、すぐにスケジュールを確認してくれました。そしてその後、彼が北海道に来てくれて、一緒に過ごすことができました。


当時を振り返って、夫は「最初は真剣な恋愛は面倒だと思っていた思った。でも、次第に自分のなかで大切な人になってきていた。“北海道に来てほしい”という言葉に真剣さを感じて将来を見据えて腹を括ろうと決心した」と言っていました。お互いがこの関係をより良く続けていきたいと思っていたようです。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。