「大丈夫だから」私には消費期限の切れた卵。母から受けたきょうだい差別… #子どもへのジェンダーハラスメント 1

「子どもへのジェンダーハラスメント」第1話。子どもの頃、親からジェンダーハラスメントを受けていたHさん(女性)。お父さんからもお母さんからも、弟と男女差別をされて育ちました。ママからのお悩みをマンガ化しているまめねこさんが描く、Hさんのエピソードです。

自身のお子さんの知育体験や「子育て世代の方とシェアしたい」と、ママたちから寄せられた体験談をマンガ化し、Instagramに投稿しているまめねこ(@ma.me.ne.ko)さん。

 

今回、マンガ化された体験談の中から、「子どもへのジェンダーハラスメント」をご紹介します。幼い頃から弟と差別されて育ってきたHさん(女性)のエピソードです。

 

続きを読む

「子どもへのジェンダーハラスメント」第1話 

小さい頃から当たり前のように「女はこう、男はこう」とお父さんから男女差別を当然のようにされて育ったHさん。つらい日々でしたが、やがてお父さんとお母さんは離婚。お母さんについていくことになったHさんは、ようやくお父さんと離れられると安心します。

 

しかし、今度はお母さんによるきょうだい差別が始まって……。

子どもへのジェンダーハラスメント1

 

子どもへのジェンダーハラスメント1

 

子どもへのジェンダーハラスメント1

 

子どもへのジェンダーハラスメント1

 

子どもへのジェンダーハラスメント1

 

子どもへのジェンダーハラスメント1

 

子どもへのジェンダーハラスメント1

 

子どもへのジェンダーハラスメント1

 

子どもへのジェンダーハラスメント1

 

子どもへのジェンダーハラスメント1

 

 

離婚後のある日、Hさんに目玉焼きを作ってくれたお母さん。しかしそれは、消費期限の切れた卵で作られたものー。

 

「もったいないから食べて?あなたなら大丈夫だから」

 

お父さんと離れて安堵していたHさんですが、今度はお母さんから差別を受けることになるのでした……。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターまめねこ

    4歳差男子2人のママ。クセの強い長男と、自我芽生えまくりの次男、ふわっとした夫、ブッサかわな愛犬とで5年前から山奥暮らしを満喫中。Instagramでは日々の知育あそびや、フォロワーさんのお悩みをマンガ化して投稿しています。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP