まめねこの記事

著者プロファイル

マンガ家・イラストレーター

まめねこ

新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
5 クリップ

4歳差男子2人のママ。クセの強い長男と、自我芽生えまくりの次男、ふわっとした夫、ブッサかわな愛犬とで5年前から山奥暮らしを満喫中。Instagramでは日々の知育あそびや、フォロワーさんのお悩みをマンガ化して投稿しています。

連載(10)
記事(40)
「いやぁぁ!!誰か来てッ!」白目でガクガク振え出した娘→病院で告げられたのは思いもよらぬ診断結果だった…!
「いやぁぁ!!誰か来てッ!」白目でガクガク振え出した娘→病院で告げられたのは思いもよらぬ診断結果だった…!
ママたちから寄せられた体験談や悩みをマンガ化しているまめねこさんの「身近にあるかもしれない物語」<読み切りマンガシリーズ>第4弾。今回は、子どものけいれんで怖い思いを体験した2歳の女の子ママから寄せられた体験談です。 「胃腸炎」というと身近に感じる方も多いのではないでしょうか。体験者のママは、胃腸炎という診断結果と、発熱もなく嘔吐が治まっていることから、お正月の帰省を決行しました。まさか、娘のはなちゃんの身にあんなことが起こるとは思ってもみなかったのです……。
「何も食べず寝てばかりで…」息子の症状に不安を覚え小児科に電話→すると、思いもよらぬ返答が…!?
「何も食べず寝てばかりで…」息子の症状に不安を覚え小児科に電話→すると、思いもよらぬ返答が…!?
ママたちから寄せられた体験談や悩みをマンガ化しているまめねこさん。今回は、ある小児科の看護師さんがお話ししてくれた「子どもの低血糖」の体験談をマンガで紹介します。 子どもを朝起こしてもすぐに寝てしまう、ぼーっとしているなどの症状が「低血糖症状」だと気付かずに安静に休ませているうちに、症状が進んでしまうということがあるそうです。
草むらで遊んでいた子どもに悲劇が!首についていたのはホクロではなく…まさかの展開に!?
草むらで遊んでいた子どもに悲劇が!首についていたのはホクロではなく…まさかの展開に!?
ママたちから寄せられた体験談や悩みをマンガ化しているまめねこさんの「身近にあるかもしれない物語」<読み切りマンガシリーズ>第6弾。今回は、まめねこさんのお子さんが草むらで遊んでいたときに体験したお話を紹介します。 家の前の草むらで遊んでいた子どもたち。帰宅後、次男の耳の側に、動いている黒いものを発見……。ホクロかと思いきや、実はとんでもないもので……?
「何か飲み込ませましたか?」喉に魚の骨が引っ掛かり苦しむ息子…→医師の質問に恐る恐る答えた結果…!?
「何か飲み込ませましたか?」喉に魚の骨が引っ掛かり苦しむ息子…→医師の質問に恐る恐る答えた結果…!?
ママたちから寄せられた体験談や悩みをマンガ化しているまめねこさんの小学生の長男くんの喉に、魚の骨が引っ掛かってしまったときのお話です。 ある日、学校から1本の電話がかかってきました。出てみると、長男くんの担任の先生から「給食で魚の骨が喉に引っ掛かったようです。苦しそうなのでお迎えお願いできますか?」と言われました。まめねこさんは慌てて学校へ!
「足がいたい~!」「わあああん!」夜中に足の痛みを訴えて泣き叫ぶ息子。どの辺が痛いのか聞いてみたところ…!?
「足がいたい~!」「わあああん!」夜中に足の痛みを訴えて泣き叫ぶ息子。どの辺が痛いのか聞いてみたところ…!?
ママたちから寄せられた体験談や悩みをマンガ化しているまめねこさん。今回はまめねこさんの次男くんに起きた、原因不明の足の痛みについて。ある日の夜中、次男くんがまめねこさんに足の痛みを訴えてきました。痛みの原因は定かではなく、全部痛いと泣き叫びます。
「なぜわかった!?」息子が怖がる家の中の鬼。霊視の結果、衝撃の事実が判明し… #本当にあった鬼の話 最終話
「なぜわかった!?」息子が怖がる家の中の鬼。霊視の結果、衝撃の事実が判明し… #本当にあった鬼の話 最終話
「子どもは見える?本当にあった鬼の話」最終話。ある町に、家族で引っ越したまめねこさん。空き家だった民家をリフォームして住んでいました。しかしある日、次男くんが家の角を指差し「おともだち、こわいの」と言いだします。次第に次男くんは、それを「おともだち」ではなく、「鬼」と言うようになり……。
「なんで気がつかなかった?」家の中で起きる不可解な出来事。ある人の発言に衝撃を受け… #本当にあった鬼の話 4
「なんで気がつかなかった?」家の中で起きる不可解な出来事。ある人の発言に衝撃を受け… #本当にあった鬼の話 4
「子どもは見える?本当にあった鬼の話」第4話。ある町に、家族で引っ越したまめねこさん。空き家だった民家をリフォームして住んでいました。しかしある日、次男くんが家の角を指差し「おともだち、こわいの」と言いだします。次第に次男くんは、それを「おともだち」ではなく、「鬼」と言うようになりました……。
「一体どうしたらいいの?」増えていく次男の悲鳴。恐怖は家中に広がり… #本当にあった鬼の話 3
「一体どうしたらいいの?」増えていく次男の悲鳴。恐怖は家中に広がり… #本当にあった鬼の話 3
「子どもは見える?本当にあった鬼の話」第3話。ある町に、家族で引っ越したまめねこさん。空き家だった民家をリフォームして住んでいました。しかしある日、次男くんが家の角を指差し「おともだち、こわいの」と言いだします。それからまめねこさんの家では不可解なことが起こり始め……。
「見えるんだ…」ママ友家族とのランチ中。次男の突然の発言にママ友は予想外の反応を… #本当にあった鬼の話 2
「見えるんだ…」ママ友家族とのランチ中。次男の突然の発言にママ友は予想外の反応を… #本当にあった鬼の話 2
「子どもは見える?本当にあった鬼の話」第2話。ある町に、家族で引っ越したまめねこさんは、空き家だった民家をリフォームして住んでいました。しかしある日、次男くんが家の隅を指差し「おともだち、こわいの」と言いだします。それからまめねこさんの家では不可解なことが起こり始め……。
「ほら、あの子だよ」突然怯え始めた息子。家では不可解なことが起こり始め… #本当にあった鬼の話 1
「ほら、あの子だよ」突然怯え始めた息子。家では不可解なことが起こり始め… #本当にあった鬼の話 1
「子どもは見える?本当にあった鬼の話」第1話。とある町に、家族で引っ越したまめねこさん。空き家だった民家をリフォームして住んでいました。しかしある日、次男くんが家の隅を指差し「おともだち、こわいの」と言いだします。それからまめねこさんの家では不可解なことが起こり始め……。
私「娘ちゃん大丈夫だった?」→ママ友「何の話?」娘の嘘に振り回される私。娘は虚言壁なの!?保育園に相談すると…
私「娘ちゃん大丈夫だった?」→ママ友「何の話?」娘の嘘に振り回される私。娘は虚言壁なの!?保育園に相談すると…
ママたちの体験談やお悩みをマンガ化しているまめねこさん。今回は、読み切りマンガ「身近にあるかもしれない物語」より、子どもの嘘に関するお悩みを紹介します。 みなさんは子どもの嘘に気付いたとき、どのような対応をしていますか? 今回のママさんは、娘さんの嘘が多くなると信じられなくなってしまい、「お腹痛い」という訴えを聞かず、体調不良を見過ごしてしまったそうです。
「ちょっと待ってってば!」2人目が生まれた途端、上の子がうるさく感じてしまう私。次第に私は…
「ちょっと待ってってば!」2人目が生まれた途端、上の子がうるさく感じてしまう私。次第に私は…
ママたちから寄せられた体験談や悩みをマンガ化しているまめねこさんの「身近にあるかもしれない物語」<読み切りマンガシリーズ>第5弾。今回は、多くのママが悩む上の子かわいくない症候群について。Rさんが実体験を寄せてくれました。 長男を出産後、ワンオペ育児で育児をつらいと感じていたRさん。産後うつを経験し、育児ノイローゼに。しかし、友人に誘われて乳幼児教育アドバイザーの資格をとったのをきっかけに、子育てに自信が持てたので2人目を考えるようになりました。
「ダメでしょ!」人前で食べられない私。きっかけは幼稚園の出来事だった… #会食恐怖症を知っていますか?
「ダメでしょ!」人前で食べられない私。きっかけは幼稚園の出来事だった… #会食恐怖症を知っていますか?
実際の体験談をマンガ化しているまめねこさんの「身近にあるかもしれない物語」から「『会食恐怖症』を知っていますか?」をご紹介します。 子どものころから「会食恐怖症」に悩んでいる体験者のPさん。人前での食事に耐えがたい不安や恐怖を感じてしまう会食恐怖症になったきっかけは、幼稚園の年少のときの出来事だったそうです……。
「おはよー!」→無視。ママ友グループから突然仲間外れに!? #ママ友がこわい 1
「おはよー!」→無視。ママ友グループから突然仲間外れに!? #ママ友がこわい 1
「ママ友がこわい。」第1話。仲の良かったママ友グループ。物語の主人公である「まなみ」さんは、突然そのグループから無視をされるようになってしまいました。ママからのお悩みをマンガ化しているまめねこさんが描く、ママ友グループで起こったエピソードです。
「ですが…お願いします!」修学旅行参加をめぐり先生が母に電話。結果は… #ヤングケアラーを知っていますか ?1
「ですが…お願いします!」修学旅行参加をめぐり先生が母に電話。結果は… #ヤングケアラーを知っていますか ?1
寄せられたママたちの体験談やご自身の体験談をマンガ化しているまめねこさん。今回はヤングケアラー体験者の方のお話です。 最近話題の「ヤングケアラー」。子どもが親の介護をすることが話題になりがちですが、体験者さんは小さなころから弟の面倒をみることをお母さんから言い付けられてきました……。
「家族との幸せ」を失ったら…。不安に駆られるワケは #幸せ恐怖症を知っていますか  1
「家族との幸せ」を失ったら…。不安に駆られるワケは #幸せ恐怖症を知っていますか 1
「幸せ恐怖症を知っていますか?」第1話。「幸せすぎて怖い」という悩みを抱えるママ・さきさん。そう思う理由とは? 自身のお子さんの知育体験や、ママから寄せられたお悩みをマンガ化しInstagramに投稿しているまめねこさん。まめねこさんの元に寄せられた体験談の中から、「幸せ恐怖症を、知っていますか?」をご紹介します。夫と息子と3人で幸せな日々を送るママ・さきさんの心の内を描いたエピソードです。
PICKUP

同月齢の赤ちゃん
ってどんな感じ?

みんなの成長アル
バムで早速見る▶