「誰か来てッ!」白目を剥き、真っ青な顔で震え出した2歳の娘…。救急車を呼び病院へ着くと…(読み切りマンガ)

ママたちから寄せられた体験談や悩みをマンガ化しているまめねこさんの「身近にあるかもしれない物語」<読み切りマンガシリーズ>第4弾。今回は、子どものけいれんで怖い思いを体験した2歳の女の子ママから寄せられた体験談です。

「胃腸炎」というと身近に感じる方も多いのではないでしょうか。体験者のママは、胃腸炎という診断結果と、発熱もなく嘔吐が治まっていることから、お正月の帰省を決行しました。まさか、娘のはなちゃんの身にあんなことが起こるとは思ってもみなかったのです……。

この記事の監修者

医師松井 潔 先生
小児科 | 神奈川県立こども医療センター総合診療科部長

愛媛大学医学部卒業。神奈川県立こども医療センタージュニアレジデント、国立精神・神経センター小児神経科レジデント、神奈川県立こども医療センター周産期医療部・新生児科等を経て現在、同総合診療科部長。小児科専門医、小児神経専門医、新生児専門医。

はなちゃんを失うのではないかという恐怖に陥ったママは、当時のことをとても後悔しているそうです。

続きを読む

胃腸炎でけいれんが起きた日のこと

身近にあるかもしれない物語<読み切りマンガシリーズ> 5

 

身近にあるかもしれない物語<読み切りマンガシリーズ> 5

 

身近にあるかもしれない物語<読み切りマンガシリーズ> 5

 

身近にあるかもしれない物語<読み切りマンガシリーズ> 5

 

身近にあるかもしれない物語<読み切りマンガシリーズ> 5

 

身近にあるかもしれない物語<読み切りマンガシリーズ> 5

 

身近にあるかもしれない物語<読み切りマンガシリーズ> 5

 

身近にあるかもしれない物語<読み切りマンガシリーズ> 5

 

身近にあるかもしれない物語5

 

身近にあるかもしれない物語<読み切りマンガシリーズ> 5

 

身近にあるかもしれない物語<読み切りマンガシリーズ> 5

 

身近にあるかもしれない物語<読み切りマンガシリーズ> 5

 

身近にあるかもしれない物語<読み切りマンガシリーズ> 5

 

身近にあるかもしれない物語<読み切りマンガシリーズ> 5

 

身近にあるかもしれない物語<読み切りマンガシリーズ> 5

 

身近にあるかもしれない物語<読み切りマンガシリーズ> 5

 

身近にあるかもしれない物語5

身近にあるかもしれない物語5

 

2歳の女の子のはなちゃん。保育園がお休みに入った年末のある夜、突然嘔吐をしました。翌日すぐに病院へ行くと、「胃腸炎」との診断。処方された薬を飲むと嘔吐は落ち着き、熱もなかったことから、年明けに予定通り義実家へ行くことにしました。

 

義実家に到着後、元気そうだったはなちゃんでしたが、なんとお昼過ぎに突然意識を失って倒れてしまいました! 胃腸炎が起きてから3日目のことです。

 

全身が強張って、ガクガクと激しく震える様子から、ただならぬ状況だと思ったママは、パニックに!

 

「いやぁぁ!!」

「誰か来てっ」

 

顔も唇も真っ白で、次第に青白くなって白目を剥いて呼吸が止まっているように見えました。

 

駆けつけた義父が救急車を呼び、病院へ。

 

はなちゃんは病院に到着する頃には意識を取り戻しました。そして医師からは告げられた病名は、「胃腸炎関連けいれん」でした。病院にいる間にも2回目のけいれんが……。その日は入院して経過をみましたが、その後は薬が効いてけいれんは起きませんでした。

 

退院後も、はなちゃんにけいれんは起きていません―。はなちゃんはすっかり元気になりました。

 

◇  ◇  ◇

胃腸炎関連けいれんは、ウイルス感染による胃腸炎が原因ということでした。ウイルス性胃腸炎にかからないことが予防につながるようですが、気を付けていてもかかってしまうこともありますよね。けいれん発作が起きたときの対処法も、頭に入れておいて、いざというときあわてず対処できるようにしておきたいですね。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターまめねこ

    4歳差男子2人のママ。クセの強い長男と、自我芽生えまくりの次男、ふわっとした夫、ブッサかわな愛犬とで5年前から山奥暮らしを満喫中。Instagramでは日々の知育あそびや、フォロワーさんのお悩みをマンガ化して投稿しています。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • 通報
      え、胃腸炎3日目で帰省したの!?しかも公共交通機関使って?
      信じられない。ご両親とかに移るかもとか、ぶり返すかもとか、考えないのかな?
      見込みが甘すぎるし、非常識に感じる。

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP