「俺が教えてやろうか!」義父のセクハラ発言にあぜん…酔っぱらいのNG発言には逃げるが正解!?

親戚の集まりで会った20代後半の夫婦がいました。「結婚して数年経つのに子どもがいない」という話題で標的にされていました。そのとき私の娘が2歳で、よくおしゃべりもし、かわいい盛りだったこともあってか余計に比較され、「早く子どもを」と言われている状態で……。

続きを読む
「俺が教えてやろうか!」義父のセクハラ発言にあぜん…酔っぱらいのNG発言には逃げるが正解!?
 

「俺が教えてやろうか!」義父のセクハラ発言にあぜん…酔っぱらいのNG発言には逃げるが正解!?

 

子づくりの話題をずけずけと

親戚のおばさんたちは「ちゃんと子づくりしてる?」「若いんだから3人くらいポンポン産んじゃいなさい」など、遠慮のない子づくりアドバイスをしていました。

 

おばさんたちの標的になっていたのは奥さんのYちゃんで、近くにいた私の娘を指しては「ほら、M(私)ちゃんのとこだって、こんなにかわいくて、子どもっていいわよねー?」など私に同意を求めてくるので、「いやーまあ、かわいいですけどねー」とあいまいに返事をしていました。

 

それは完全にNG発言!

そんななか突然、おばさんたちの輪に酔った義父が入ってきました。そしてYちゃんに向かって「俺が子どものつくり方を教えてやろうか!」と発言したのです! おばさんたちは「いやだーもうー!」と言いながらゲラゲラ笑っていました。対して私やYちゃんは愛想笑いすらできず、視線を合わせてドン引き。

 

義父は普段は物静かで穏やかな人ですが、お酒を飲むと人が変わったようにとんでもない発言をしばしばする人です。義父はそこにドンと座って、まだ話し続けそうな勢いでした。

 

セクハラ発言は逃げるのみ

私自身もそういったおばさんたちのずけずけと踏み込むような話や、義父のセクハラ発言を聞いていたくありませんでしたし、そうした話を娘に聞かせるのも嫌でした。そのため「ちょっと台所手伝ってきますー」と言って娘と退散。そして数秒後に戻り「Yちゃん! ちょっとお手伝いお願いしたいって!」と嘘をつき、なんとかYちゃんも一緒にその場を逃れました。

 

そして「ごめん、嘘ついちゃったからちょっと娘と遊んでよう」と別室に退避。Yちゃんは「ありがとうございます。私どうしようかと……」とホッとした表情でした。しばらく娘とYちゃんと過ごしてからしれっと部屋に戻ると、おばさんたちや義父はまったく別の話題で盛り上がっており、もうその日は子づくりについて聞かれることはありませんでした。

 

 

おばさんたちと義父のいるあの場所に居続けたら、セクハラ発言はもっとヒートアップしていたかもしれません。けれども嫁の立場ではどうにも場の雰囲気を壊すようなことを言えない私やYちゃん。そんなときはうまく逃げるのも正解だなと思った体験談でした。

 

 


著者:山口花

田舎で1女1男を育てる母。コーチングの資格を子育てに生かしながら日々奮闘中。主に妊娠・出産・教育の記事を執筆している。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事のイラスト制作者

    マンガ家・イラストレーターうちここ

    年子男児を育てる2児の母。家族で過ごす日常や思い出をInstagram(@uchikoko20)やブログ「うちここ日記」で描いてます。

    同じ著者の連載

    • 通報
      その場でブチ切れましょう。
      デリカシーなさ過ぎる!
      いい嫁キャンペーン?
      即終了で。
      ジジイのそういう類の発言、本当に許せない。
      +17 -0
    • 通報
      義父だけじゃなくて、親戚のおばさん達もセクハラに違い発言してると思います。
      若い夫婦だって家族の計画を考えているだろうし、口出しに腹が立ちます。
      主人公さんGJです。
      +54 -1

  • あわせて読みたい記事

    マンガの新着記事

  • PICKUP