241万回再生!【出産ドキュメンタリー】赤ちゃんを見つめるママの顔に感動

ベビーカレンダー公式YouTubeでは、リアルな出産動画を公開中。今日は、再生回数241万回の出産ドキュメンタリーをご紹介します! 32歳初産、陣痛開始から出産〜産後1カ月半のママとパパと赤ちゃんのリアルを見てみましょう。

ベビーカレンダー公式YouTube 出産動画

 

続きを読む

38週1日目 21:35 産院到着

ベビーカレンダー公式YouTube 出産動画

産院到着から約1時間半で、陣痛間隔が1〜2分に。この時点では個室にいます。痛みに耐えるママの腰を一生懸命マッサージしてくれているのは、義理のお母さん。パパはうちわでママをあおいでサポートします。さらに1時間半が経過し、ママもぐったりした様子に…。そんなママの手を握ったり、さすったりするパパ。

 

ベビーカレンダー公式YouTube 出産動画

産院到着から4時間35分後。ようやく子宮口が5cmまで広がってきました。助産師さんの「赤ちゃんの頭 もうすぐそこだね」の言葉に安心するも、その後、「腰が痛い」とうわ言のようにつぶやくママ。「まってな、腰やるわ」とお義母さんがマッサージをします。

 

LDRに入って約40分経つもお産は進まず、助産師さんから「(赤ちゃんが)もう少しおなかの中で楽しみたいのかも?」との声が。ママから「早く生まれてほしい…!」とつい本音が出ると、そんな言葉にも「本当だね。もう出てきてもいいんだよ〜」と助産師さんがおなかに優しく語りかけました。

 

時間は深夜2時47分。まだまだ長い道のりが続きそうです。

 

バースプランにはびっしりの文字が

ベビーカレンダー公式YouTube 出産動画

事前に書いたママのバースプランにはびっしりと文字が。

 

・夫にぎりぎりまでそばに居てもらいたい

・お産の状況を説明しながら、声かけをしてほしい

・視力が悪いので、メガネをしたまま出産したい

・好きな音楽をかけてリラックスしたい

・体力がないので、(状況次第ですが)母体回復のために夜間赤ちゃんを預かってほしい など

 

ママが出産に向けてどれだけいろんなことを考えてきたかが伺えます。初産なので痛みの怖さなどもあったはず。それでも前向きにバースプランを考えていたようです。

 

LDR入室 約1時間半 子宮口8cmに

ベビーカレンダー公式YouTube 出産動画LDR入室から1時間35分後、子宮口が8cmまで開いてきました。汗だくのママの額に冷感シートを貼ってあげるパパ。

 

「(子宮口の開きが)8cm〜9cmくらいのいきみたいのにいきめない時間が一番苦しいんですけど、(子宮口が)全部開いたらもうちょっとラクになるので。もう一息!」と、状況の説明しながら、ママを励ます助産師さん。

 

そして、いよいよパパの登場です。助産師さんに教わりながら「ここを押さえてあげて」とポイントを教えてもらいます。「大丈夫です!頑張ってパパ!」のかけ声に、パパも「はい!」と返事をしてチャレンジ。

 

「えっ? こんなに力入れちゃっていいの?」と不安げなパパ。「けっこう入れなきゃダメよ」とお義母さんが先輩ママとしてのアドバイスをします。「パパの力、いいですね!」と助産師さんもパパを応援します。ナイス連携プレーです!

 

 

明け方5時36分 子宮口全開

ベビーカレンダー公式YouTube 出産動画

LDR入室から約3時間半。時刻は明け方5時36分になりました。

ようやく子宮口全開です。いよいよ出産も間近…。

 

ベビーカレンダー公式YouTube 出産動画

バースプランにあったように、出産の瞬間を見逃さないようにと眼鏡をかけるママ。

助産師さんから「そう上手です! すごく上手!」と励まされながら、残りの力をふり絞って頑張ります。

 

ベビーカレンダー公式YouTube 出産動画そして、ついに6時11分に出産。

臍の緒を切って、赤ちゃんとの初対面です。ママは少し慣れない様子で赤ちゃんを受け取ります。パパもまだまだ生まれたばかりの赤ちゃんに見慣れない様子。そんな中、お義母さんは写真を撮ります。

産院到着から約9時間。LDR入室から約4時間での出産となりました。ママ、本当にお疲れ様です。

 

ベビーカレンダー公式YouTube 出産動画

ママの体の後処置と赤ちゃんの体のケアをしたあと、もう一度、赤ちゃんを抱っこするママ。さっきとは違い、もうしっかりお母さんの顔になってますね。

 

 

動画では院長のインタビューに加えて、出産直後と1ヶ月半後のご夫婦のインタビューも収録されています。

 

ベビーカレンダー公式YouTubeでは、他の出産動画も公開中。リアルで感動するママとパパの出産動画を、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    ライターサトウヨシコ

    大学卒業後、大手食品会社に勤務。未経験から編集者を目指し転職。その後、結婚と出産を経て妊娠・育児雑誌のディレクターに。WEBメディアの新規事業立ち上げをし、2017年に株式会社フラミンゴミンゴを設立し、現在は数々のメディアに携わっている。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    ママネタの新着記事

  • PICKUP