「トラウマ克服」英語で読書がスムーズにできた理由 #ときめけ!BBA塾72

イラストレーターの和田フミ江さんによる連載マンガです。40代に突入した和田さんの日常エピソードをご紹介!今回は長年のトラウマを克服して、英語で読書を楽しめるようになった理由をお伝えします。

BBA

1年半ほど前から英語の勉強を再開し、ずっと楽しく続けています。
オンライン英会話の先生たちからよくすすめられるのが「読書」。もちろん英語の本を読むのが勉強になるのはわかっているのですが、私には長年のトラウマがあり、なかなか手をつけられずにいました。

 

BBA

 

知らない単語に出合っていちいち辞書を引いていると、ストーリーに入り込めず、楽しめません。私はそれがとても苦手でした。学習用に利用しているSNSで、「自分のレベルに合った本を選ぶのが大切」「全部の単語を調べようとしなくていい」などアドバイスしてもらい、おすすめしてもらった10〜14歳向けの児童書を、わからない部分は推測しながら読み進めました。

 

読み終えたときは、30年間抱えてきたトラウマをついに克服した!と清々しい気持ちに。1冊読み終えると自信がついて、2冊目、3冊目とスムーズに読めるようになってきました。今はまだ10代向けの本を読んでいますが、いつか大人向けの本も自然に読めるようになったらいいなと思っています。

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター和田フミ江

    姉妹の母。趣味はゲームと旅行と美味しいものを食べること。著書に「お母さんまであとすこし!」(ベネッセコーポレーション)、「おうちクエスト」(竹書房)など。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP