「夫婦生活、減らして」強要され体に異常が!実家へ帰ろうとすると夫は怒って #モラ夫 43

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第43話。離婚済み2児シンママ・モグさんと顔がタイプのモラハラ元夫との体験談です。

強制的に夫婦生活を再開され、「週1」の約束がストレスになり、夜になると蕁麻疹がでるようになったモグさん。

でも、本当のストレスの原因は「週1の約束」だなんて、口が裂けても言えない。


「実家に少し帰ろうと思っている」と伝えると、夫の顔が曇った。「1カ月くらい」と伝えると、怒りだして……?!

 

続きを読む

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第43話

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第43話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第43話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第43話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第43話

 

「俺の飯、どうすんの? 家事は?」

 

「約束から逃げるために実家に帰るんじゃないの?」

 

結婚したあと実家に帰ろうとするたび、「飯は?家のことどうすんの?」と言う。


家事は最低限で良いと言っているし(お義母さんにも洗濯などを頼んでるらしい)、
食事も冷食やインスタント食品を大量に買って用意している。
自炊は絶対にしないと言うので、お金も渡しているのに毎度聞いてくる。

 

そんな夫の言葉に、大きいため息が出た。

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第43話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第43話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第43話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第43話

 

「蕁麻疹が出て、本当につらいんだよ? こんな状態で週1応じるなんてキツイよ」

 

「俺が悪者みたいな言い方じゃん」

 

夫はいつだって「良き夫」で「良き父」で見られたいからか、
妻が長期的に実家へ帰るのをすごく嫌がった。

 

私が実家に帰ると何が困るの?
欲が満たせないから? 家事が溜まるから?

 

体調が悪いときに「約束だから」と行為を強要するなんて、どう考えてもおかしいよ。

 

「じゃあ、帰らないから夫婦生活減らして」

 

思い切って交渉をしてみた。夫の答えは……?

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターモグ

    2児の母でシングルマザー。顔が好みの夫と結婚したら結婚後モラハラ夫に豹変。数年間のモラハラ結婚生活体験談を鳥頭ゆばさんによりマンガ化。著書『顔で選んだダンナはモラハラの塊でした』(KADOKAWA)

    同じ著者の連載

    • 通報
      仕事してんなら、その金で勝手に食い繋いでろよ。
      ヨメの里帰り初日にコンビニ行ってるくらいなんだから。
      +14 -3
    • 通報
      別れちゃえばいいじゃん。多分それがお互いの為。子供が可哀想とか言う人がよくいるけど、それはシングルで立派に育てている人に失礼だし、必ずしも一緒にいることが子供の幸せとは限らないということは理解した方が… もっと見る
      別れちゃえばいいじゃん。多分それがお互いの為。子供が可哀想とか言う人がよくいるけど、それはシングルで立派に育てている人に失礼だし、必ずしも一緒にいることが子供の幸せとは限らないということは理解した方が良い。
      女性側だけの視点での記事なので、男性側からしたらこの主人公の妻側にも何か問題がある気がするけどね
      +36 -10
    • 通報
      更新待ってます。
      +34 -5

  • 関連記事

    マンガの新着記事

  • PICKUP