「子どもは諦めて」学生の彼と社会人の私。産みたい私は別れを考えて…

私が社会人2年目のとき、同い年で大学4年生の彼との間に子どもを授かりました。早いうちから子どもが欲しかった私は産む気満々! 一方、彼はまだ学生の身。子どもを巡って意見がすれ違ってしまったのです。

「子どもは諦めて」学生の彼と社会人の私。産みたい私は別れを考えて…

 

続きを読む

大学生の彼との間に子どもを授かる

彼が大学4年生、私が社会人2年目のときのことです。彼の就職先は決まっており、あとは卒業を待つだけ……。そんなとき、彼との間に子どもを授かったのです!

 

私は早く赤ちゃんが欲しいと思っていたので、大喜び! たとえ結婚に至らなくても、絶対産みたいとまで思っていました。「彼はなんて言うかな」と考えつつ、妊娠したことを彼に告げると、「まだ学生だから産んでほしくない」という答え。彼の両親も同じように反対派でした。


一方、私の母は少し呆れつつも反対はしませんでした。私も母も最初から産むこと以外の選択肢を考えていなかったのです。

 

「産みたい私」VS「諦めてほしい彼」

ここから彼の説得が始まりました。彼は何度も話し合いの場を設けては諦めるように言ってきます。「働き始めてちゃんとしたら、結婚は絶対するから。今は諦めてほしい」と。

 

しかし、結婚よりも子どもを産みたい気持ちのほうが強かった私は、「別れてもいいから産む!」と宣言。そして、赤ちゃんが順調に育っていくのを楽しんでいました。


話し合いは平行線のまま、時は過ぎていきました。そんなあるとき、私は「とりあえず、一緒に検診、行ってみない?」と彼を病院に誘いました。

 

2人で検診に行くと彼に変化が

健診の日、彼と一緒にエコーを見て、赤ちゃんの心音を聞きました。すると彼が、「結婚して赤ちゃんを産もう!」と、その日のうちに決断したのです!

 

そこからは急展開!「名前は○○にしよう」「籍はいつ入れよう」と、彼が主導になって物事がパッパッと決まっていきました。彼のご両親も、「説得できなければ結婚して育てなさい」と言っていたようで、私たちが出した結論を報告したら、赤ちゃんが生まれてくるのを楽しみにしてくれていました。

 

それからすぐに、「身内のみの結婚式をしよう」と言われ、簡単な式を挙行。参列された方から祝福され、入籍も済まし、赤ちゃんも無事に出産しました!

 

 

あれから5年、今度は夫の妹が授かり婚になりました。相手は年上の社会人で、義妹も社会人。私たちと状況は異なりますが、義妹の結婚がきっかけで、義両親からは「あのときは産むのを反対してしまって、本当に申し訳なかった」と、いろいろ謝られてしまいました。

 

正直、夫や義両親に反対されたことはたまに思い出すこともあります。ですが、今は3人に増えた子どもを本当にかわいがってくれますし、私にもよくしてくれるので、あのときはいろいろあったけど「結婚してよかったな」と思っています!

 

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

文/いい ふうふさん

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      兄妹そろってデキ婚
      +70 -7
    • 通報
      結婚、出産、人生を左右する大事な問題なのに、何か軽々しいな。
      +69 -5

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP