「避妊薬のイメージが強い?」進まない理解にモヤモヤして #アンサングシンデレラ #月の裏3

【アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり】『月の裏』第3話。石原さとみさん主演でドラマ化もされた、薬剤師たちの奮闘を描く『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』(著者/荒井ママレ 医療原案/富野浩充)。本作から、生理痛、低用量ピルをテーマにした第4巻収録の『月の裏』を4回にわけてご紹介します。

 

今回紹介する第4巻収録の『月の裏』では、毎月重い生理痛に悩まされる遠野倫を軸に、生理痛の症状や、低用量ピルについてが描かれています。葵が務める病院の婦人科を受診し、倫は低用量ピルを処方されました。葵はそのとき倫が発した「(低用量ピルを)会社では出しづらい」という言葉が引っかかって……。

 

続きを読む

生理の話題って気まずいもの?

 

【アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり】『月の裏』

 

【アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり】『月の裏』

 

【アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり】『月の裏』

 

【アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり】『月の裏』

 

【アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり】『月の裏』

 

【アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり】『月の裏』

 

【アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり】『月の裏』

 

©️荒井ママレ/コアミックス

 

ピルのイメージだけでなく、生理に関する話題のセンシティブさにモヤモヤを抱える葵。葵の後輩である相原は、倫の気持ちが理解できると語ります。そして先輩の瀬野をはじめ男性の意見としては、「積極的に話題に出るものではない」というもの。生理に対する捉え方や考え方は人それぞれ。だからこそ、葵たちのように何かのきっかけでお互いがどう思っているのか、どんなことをされたらうれしいか、つらいのかなどを口にすることも大切なのかもしれませんね。

 

それから、葵のもとには再び倫の処方箋が。

受付番号を呼んだものの窓口にくる気配がなく、周囲を見渡すとうずくまって動けない倫を発見して――!?

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター荒井ママレ

    マンガ家。小学館新人コミック大賞に入選しデビュー。「月刊コミックゼノン」(コアミックス)にて『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』(医療原案 富野浩充)連載中。コミックス1〜7巻発売中。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    マンガの新着記事

  • PICKUP