「どんどん出てきてる!?」生後1カ月半から急に出べそ!焦って小児科を受診した結果…

生後1週間ころからおなかが樽のようにぷっくり膨れていた次男。定期健診では小児科医に、「赤ちゃんにはよくある症状だし心配ないよ」と言われて経過観察していました。そんなおなかの膨らみが治まってきた生後1カ月半ころ、今度はおへそがどんどん突出してきて大きくなってしまったのです! 焦った私は小児科へかけこんだのですが……。

「どんどん出てきてる!?」生後1カ月半から急に出べそ!焦って小児科を受診した結果…

 

続きを読む

次男のおなか

次男の定期健診では小児科医から、「おなかの膨らみは自然に治まることが多いから心配ないよ」と言われてはいたものの、超音波エコーをしなければならなかったり、うんちが出なければマッサージをしたり、少し不安な新生児期でした。

 

生後1カ月半ごろ、やっと次男のおなかの膨らみが落ち着いてきたとき、私は「あれ? 出べそ?」と次男のおへそが少し出ていることに気が付いたのです。「おなかが膨らんでいるときは気づかなかったけど、出べそだったんだ」とそのときは軽い感じで受け止めていました。

 

急に出てきたおへそ

おなかの膨らみが落ち着くと同時に出てきたおへそ。私は不安になって産院の助産師さんに電話しました。助産師さんからは、「自然に治まることが多いから様子をみて」と助言され、「自然に治るならよかった……」と安心した私。

 

しかしおへそは日を追うごとに出てきて、気づけば大人の母指大ほど出ていたのです! 知り合いのママ友に相談したら、「小児科医に診てもらったほうがいいよ」と言われて急いで受診をしました。

 

そして、現在のおへその状態

「手術が必要と言われたらどうしよう」と、受診日まで私は不安でいっぱいでした。そして受診当日、小児科医の先生は「この程度なら成長するにつれて自然に引っ込むことが多いから経過観察でいいでしょう」と言ってくれたのです。私は先生の言葉を聞いてとても安心しました。

 

「最初から専門家に診てもらっていれば、不安な日々を送らなくてすんだのに」と反省しました。その後、生後3カ月目で日々出べそが小さくなり、今ではまったく気にならないほどきれいなおへそになっています。

 

 

次男は生後間もないころからおなかに少し問題があり、私自身不安な日々を過ごすことも多かったです。おへそが急に出てきたときは、「入院になったらどうしよう、2歳の長男は誰が世話してくれるんだろう」と勝手に不安になり、自分を追い込んでいました。悩む前に最初から専門家に診てもらうことが一番の解決策だと改めて学んだ出来事でした。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

監修/助産師REIKO


著者:岩見 エリ

2人の男児の母。看護師歴12年、フランスで出産し子育て中。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    医療の新着記事

  • PICKUP