暮らし 体験談 生理

「べったりつけたまま!」客人にも男性社員にも見られてしまい…!?

2
新卒1年目で配属された部署は男性しかいない総務部でした。そんな部署で、ひと息つく暇もないほど忙しい日に事件は起きたのです。

「べったりつけたまま!」客人にも男性社員にも見られてしまい…!?

 

続きを読む

その場から離れられない仕事

新卒で入社した会社で任された仕事は受付業務でした。来社されるお客様をブースへご案内、お茶出し、来客がない時間は受付のデスクで事務仕事をしていました。受付は私ひとりのため、何か特別な理由がない限りその場から離れることはできません。来客の予定がない時間帯はトイレへ行くなど、一瞬だけ席を外すこともできますが、来客の予定が重なるときは、一瞬たりともその場から離れることができませんでした。

 

グレーのスカートが血で染まる

その日、来客が重なり、入社以来初めての忙しさに追われていました。やっと最後のお客様をブースへご案内し、自分の席へ戻ると衝撃の光景が目に入りました。なんと、私が座っていた青色の椅子に明らかに血だとわかる大きなシミがあったのです。

 

一瞬パニックになりましたが、急いでトイレへ駆け込みました。トイレの鏡でお尻を確認すると、会社の制服である薄い灰色のスカートが経血で汚れていたのです。自分の握りこぶしほどもある大きさのシミでした。


当時は、自分の生理周期をあまり気にしていなかったので、おりものシートに血が少しついていたら生理が始まったと認識し、ナプキンに取り替えるという感じ。今まではそれで失敗したことがなかったため、完全に油断していたのです。

 

生理の血をべったりつけたまま来客対応をしてしまったかと思うと顔から火が出そうなほど恥ずかしくなりました。というのも、当時は来客があった際、内線を使わず各部署の担当者に直接伝えに行っていたため、血をつけたまま各部署を練り歩いていたのです。

 

さらにショックだったのは、私の席がある受付のすぐうしろには、男性社員だけの総務部の島があり、来客があるたび総務部の人は受付のほうを見て「いらっしゃいませ」と言うことになっています。そのため部署の人は来客対応をしている私のうしろ姿が必然的に目に入ってしまうはず……。つまり、スカートについた経血のシミも見られていたと思うのです。

 

しかし、不思議なことに当時は誰からも生理のことについて触れられませんでした。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

暮らしの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。