「え?話が違う!」義両親へのあいさつで冷や汗!彼を信用していたのに…

28歳のとき、3年付き合った彼と婚約しました。ユーモアがあって男気もある彼。でも、結婚式場を決めるときのやりとりがきっかけで、ある一点に関してだけは彼のことが信用ならないと思うようになってしまったのです……。

「え?話が違うんだけど!?」婚約のあいさつで冷や汗!彼を信用していたのに…

 

続きを読む

ブレない軸をもった彼

28歳のとき、3年付き合った彼からのプロポーズを受けて婚約しました。

 

彼はユーモアにあふれ、一緒にいるときはいつも笑わせてくれる人。一方でとても男気があり、何事においてもブレない軸を持っています。体型はかなり細くて頼りなく見えるのに、内面とのギャップがあるところにも魅力を感じました。

 

ところが、彼の両親に挨拶へ行く日に思わぬ事件が発生したのです。

 

唯一の気がかりは…

私の両親に挨拶を済ませ、次いで彼のご両親に挨拶へ行く日のことです。

 

彼のご両親とは婚約前から何度かお会いしており、また、彼のほうで婚約した旨を電話で報告したと言うので、私としては形だけの挨拶という認識でいました。ただひとつ気掛かりなことがあって……。

 

その気がかりとは結婚式場のことです。彼と私には「ここで挙式がしたい!」と思っていた式場がありました。そして運よく、予約が取れそうなチャンスが巡ってきたのです! ただ、彼の実家は式場から少し遠方にあり、親族も多く、足の悪いおばあちゃんもいました。


この式場に決めてしまっていいのか。やはり、もう少し彼の親族が集まりやすい場所を再検討したほうがいいのか……。私たちだけでは決めかねたので、「ご両親に相談して、問題ないか了承をとってほしい」と彼にお願いしたのです。


その後、彼から「大丈夫だった」との返事がもらえたので予約したのですが……。

 

義母からの思わぬ質問に「話が違う!」

彼の実家を訪れた当日、挨拶を終えて世間話をしていると、お義母さんから、


「式場はもう決めたのよね? うちの子は何でもかんでも相談なしで事後報告だから……。どんな式場なの?」と聞かれて、私は真っ青!


幸い、お義母さんは怒っている様子ではなかったので、「先走って決めてしまいすみません」と謝りつつ、式場の特長や、なぜここにしたかったのかを丁寧に説明。なんとかその場を切り抜けました。


あとで彼に問いただすと、「母親も言ってたろ、俺はいつも事後報告だって。だからいいんだよ」とのこと。今まで私たち2人に関係することは、必ず事前に相談してくれていたので、とても驚きました。


彼の親子仲は悪いわけではないのですが、それでも親として事後報告はイヤだと思います。この一件があってからは、大事なことを決めるときは、私からお義母さんに事前に相談したり、彼にお願いする場合は、義両親の反応を聞きながら、本当にご両親に確認したかどうか証拠を見せてもらうようにしています。

 


式場の一件以降、先に義両親へ相談・報告しておいたほうがいいことは、私の管理下でやらせてもらっています。そのおかげで、私もヒヤヒヤすることなく、義両親も遠く離れていながら近況がわかり、お互いにいい関係を築きながら過ごせています。

 

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

文/原 凛子さん

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP