「また失敗か…」毎日続くおねしょで膨大な洗濯物。疲弊した私がママ友に相談すると、目から鱗の返答が…!【体験談】

秋から始めた2歳7カ月になる娘のトイレトレーニング。とにかく苦戦したため、毎日の膨大な洗濯物の量に私の気分は憂うつに。毎晩のように続く娘のおねしょと、なかなか乾かないシーツ類や着替えに、私はげんなりしてしまっていたのです。困り果てた私はママ友に相談してみました。すると……。

 

続きを読む

いつまで続くのかと不安な気持ちに

娘がお漏らししたあとのシーツ。朝の準備が忙しすぎて洗濯することができず、そのままにして出勤した日は、帰宅すると布団やパジャマに染みついたおしっこの臭いが漂っています。すぐに洗濯しますが、毎日頑張って洗濯しているのに……という気持ちになり、乾かないシーツ類にイライラしてしまう私。

 

「失敗するのは仕方がないよ、まだ子どもなんだから……」。そう自分に言い聞かせるものの、「また娘は失敗したのか……」と思ってしまい、そう思うことに自己嫌悪に陥る日もあります。娘が成功した日はカレンダーに「できたねシール」を貼っていたのですが、ほぼ毎日娘がおねしょをするので、シールが貼れない日が続いていました。

 

ママ友の言葉にハッとした私

おねしょが続き、娘は寝る前にトイレに行くことも嫌がるようになりました。途方に暮れた私は、ママ友に相談してみることに。すると、「寝ている間の夜のおねしょは親が頑張ってどうにかなるものではないよ。膀胱の大きさも関係するだろうし。おおらかな気持ちでいるといいよ。20歳になっても、おむつで過ごしている人なんていないでしょ?」と、ママ友から言われたのです。私はハッとしました……。

 

そして、「おねしょパンツは吸水布が何層にもなっていたりして、おねしょを吸収してくれるよ。シーツよりも洗濯がラクだから、一度試してみたら? 」と、アドバイスをもらいました。

 

おねしょパンツを気に入った娘に変化が!

おねしょパンツをインターネットで調べてみたところ、娘が好きな動物柄のものを見つけました。さっそく私は、おねしょパンツを通販サイトから注文してみることに。スカートの形から、スナップでとめてズボンにもなる物と、元々ズボンの形になっている物の2種類を購入し、両方娘に試してみました。

 

スカート型は娘の寝相の悪さではだけてしまい、残念ながら1度使っただけでお蔵入りに。ですが、ズボン型は娘にぴったりで娘も気に入ってくれました。そして、おねしょをしてしまった日もおねしょパンツだけを洗えばよくなったのです。洗濯物の量が減ったことで、私のストレスはかなり減りました。おねしょパンツを気に入った娘は、ふたたび寝る前のトイレに行ってくれるようにもなりました。

 

 

結局そのあとも半年以上、娘がおねしょをする日々が続きました。トイレトレーニングを始める時期が早かったのかもしれません。何度も挫折しそうになりましたが、ママ友からの「20歳になっても、おむつで過ごしている人なんていない」という言葉を思い出すと、心が救われました。これからは、もっとおおらかな気持ちで子どもの成長を見守りたいと思います。

ベビーカレンダーでは、赤ちゃん時代を卒業して自己主張を始めた2~6歳までの子どもの力を伸ばし、親子の生活がもっと楽しくなる【キッズライフ記事】を強化配信中。今よりもっと笑顔が増えてハッピーな毎日なりますように!

 

監修/助産師REIKO


著者:西垣かおり

7歳女児のママ。元転勤族の妻で、子どもは1人だが、3度の保活経験あり。縁もゆかりもない街で戸惑いながらも、初めての子育てを楽しんだエピソード中心に執筆中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP