「どうしたのっ!?」焦る夫に揺さぶられて目覚めたら…まさかの事態にびっくり!

ある日のこと、午前3時ごろに目が覚めた私は、寝ぼけながらトイレに行きました。しかし、そこで私はまさかの大失敗をしてしまったのです。

 

続きを読む

なぜか焦る夫

ある日、深夜午前3時ごろにふと目が覚めた私は、トイレに行って用を足し、またすぐに寝室に戻って再び眠りました。するとしばらくして、急に誰かに体を揺さぶられる感覚があったのです。目を覚ますと、なぜか目の前には焦っている様子の夫の姿が。

 

ふと時計に目をやると午前5時ごろで、何事かと思った私は「こんな朝早くから何?」と、少し不機嫌な口調で夫に聞きました。

 

経血を目撃

すると夫が「大丈夫!? どうしたの!?」と聞いてくるので、「なんの話?」と聞くと、「トイレの便器にとんでもない量の血がついてたよ! 大丈夫!?」と聞いてきました。

 

実はその日私は生理2日目。寝ぼけながらトイレに行ったので、用を足したあとに、トイレの水を流すのを忘れてしまっていたのです。でも、私にとっては「流すのを忘れた」、ただそれだけのことでした。

 

「大丈夫も何も、ただの生理だけど」と私が言うと、夫は「え? 生理ってあんなに大量の血が出るの!? え、あれで普通なの? 大丈夫!?」とまだ焦っている様子。夫は初めて見る経血の量に衝撃を受けていたのです。

 

生理に理解を示すように

あまりに衝撃を受けている夫の様子に私は少し笑ってしまいましたが、「いつもあれぐらい出るよ。トイレの水が混ざってるから余計に多く見えたのかも。心配させてごめんね」と夫に伝えました。

 

すると夫は「生理ってあんなに血が出るんだね。そりゃ生理のときにつらそうにしてて当たり前だよね」と、いつも生理2日目になるとソファで横になることを思い出し納得してくれた様子。

 

そして、便器の血が経血だったとわかった夫は安心したらしく、「ゆっくり寝てていいよ」といつも以上にやさしく接してくれました。

 

 

夫が私の経血を目撃してからというもの、生理がくるたびに、普段まったく家事をしない夫が協力的になってくれました。故意ではないものの夫に経血を目撃させ、心配をかけてしまったことは申し訳なかったですが、生理のつらさを理解してもらう良い機会だったかなと感じています。

 

著者/anyonnyon
監修/助産師 REIKO
イラスト/おんたま

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      血を見るの苦手な男性は多いですよね。 まあ、定期的に出血しないんだから仕方ないけど。 うちも旦那に驚かれた経験が…。私は数年前から月経カップを使ってるんですが、ドロッと経血が流しても残る時があって寝ぼ… もっと見る
      血を見るの苦手な男性は多いですよね。
      まあ、定期的に出血しないんだから仕方ないけど。
      うちも旦那に驚かれた経験が…。私は数年前から月経カップを使ってるんですが、ドロッと経血が流しても残る時があって寝ぼけてウッカリしてると…(苦笑)
      でもそれがきっかけで辛さを理解して貰えたのはあるかな…。
      話聞くより衝撃的だったらしい。
      ナプキンだと実際どれ位出血してるか本人でも把握しにくいけど、これから性教育される子供達には水を使って月経時にはトータルでどれ位するのかを教えるのもアリなのかな?と。

      視覚情報で自分の身体の状態を知ったり、生理のない男性に大変さを理解して貰うのは思いやりを考えるのに必要なのかも。
      +74 -4
    • 通報
      こういうとこ覗きに来ては煽りコメントする人っていますから。面白半分の荒らしですよ。
      +214 -17
    • 通報
      ビックリした…世の中の女性みんなを敵に回すコメントに…
      +332 -23

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP