「産んでるのは私だから!」立ち会い中のパパに鬼の形相で怒ったワケとは…【2人目は巨大児47】

「2人目は巨大児」第47話。Instagramでフォロワー2.4万人超えの、2児のママであるミロチ(@mirochi8989)さん。そんなミロチさんが巨大児だった息子さんを妊娠・出産した体験談をマンガ化!短期連載にてご紹介していきます。

紹介状をもらって総合病院へ行くはずだったミロチさんでしたが、医師の判断により、このまま個人病院の産婦人科で出産することになりました。

医師から「産むときの呼吸がすごく大切になってくるから……」と言われたミロチさんを、突然とんでもない痛みが襲ってきて……!?

 

2人目は巨大児 第47話

※医療スタッフのマスクは省略して描いています。

2人目は巨大児47

 

2人目は巨大児47

 

2人目は巨大児47

2人目は巨大児47

 

 

2人目は巨大児47

2人目は巨大児47

2人目は巨大児47

 

2人目は巨大児47

2人目は巨大児47

 

卵膜を破き、羊水が出たことで急激に陣痛の色が変わり始めました。

「はぁ……はぁ……ギモヂワルイ……手ぇ握って……」と、パパの手をぎゅっと握るミロチさん。

 

「ミロチさん、数値上がりました! 子宮口も開いてきてますよ!」と助産師さん。

 

あまりの痛みに息を止めてしまうミロチさんに

「息は止めない方がいいって……」とパパが声をかけるのですが、

「無理無理無理無理!!」

「自我を保つのに精一杯で、息なんてできるわけないだろうが!」

と怒り叫ぶミロチさん。

 

そうこうしているうちに、「赤ちゃん見えてきましたよ〜。うわ、スッゴイこれ……髪の毛フッサフサですよ〜」と助産師さんが声をかけてくれました。

 

「どんなだろう……一生懸命出てこようとしてるんだ……」

と、涙を浮かべるミロチさん。

 

「旦那さん、見てみます?」と助産師さんが言うと、

「え……」と固まってミロチさんをちらりと見るパパ。

 

そんなパパを鬼の形相で見つめて、

「私が産んでるんだから私が先に見る権利があるだろうがァァ!!」

とミロチさんは憤慨!

 

結局、出てきている途中の赤ちゃんを見ることができないままお産が進み……

 

次回、「んぐぅぅゔ!」いきんだ結果が予想外すぎて全員絶句……!?

 


監修/助産師REIKO

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターミロチ

    2人の子ども(娘・息子)を育てながら、10歳年下の旦那くんと夫婦漫才のような日々を送っているお絵かき、漫画大好きなワーママ。 永遠に終わらないダイエット中。 インスタ、ブログで子育てを中心に日常の面白エピソードを描いています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    2 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      先にみる権利はあるけど
      先に見られたくないなら立ち会いさせなきゃ良かったね…
      +27 -63

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶