ミロチの記事

マンガ家・イラストレーター

ミロチ

新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
4 クリップ

2人の子ども(娘・息子)を育てながら、10歳年下の旦那くんと夫婦漫才のような日々を送っているお絵かき、漫画大好きなワーママ。 永遠に終わらないダイエット中。 インスタ、ブログで子育てを中心に日常の面白エピソードを描いています。

Instagram:@mirochi8989  

ブログ: ミロチ家 

連載(2)
記事(62)
「ちょっと待って…!」出産前、食べ過ぎて腹痛に!?トイレ言ったらまさかの展開に…!?【2人目は巨大児 34】
「2人目は巨大児」第34話。転院先の総合病院の紹介状について説明受けた後、ミロチさんは看護師さんへ感謝の言葉を述べました。すると、涙を流しながら自分の病院で産ませてあげられないことを嘆く看護師さん。力強い励ましを受け、病院を後にしました。
「見た?今の妊婦やばくね?」え?まさかの周りからの心無い言葉と嘲笑に…【2人目は巨大児 33】
「2人目は巨大児」第33話。転院するよう告げられて、ショックを受けたミロチさん。しかし担当医師が「ここで産ませてあげたかった……」と転院させるか悩んだと説明し、さらに「一番大事なのは赤ちゃんが元気に生まれてくれることと、ミロチさんも無事に出産を終えること」と、ミロチさんとおなかの赤ちゃんを想っての判断だとわかりました。
「明日もダメなら…」え、どういうこと?医師からの予期せぬ言葉に顔面蒼白に…!【2人目は巨大児 26】
「2人目は巨大児」第26話。出産予定日から3日後、陣痛が来ないために陣痛誘発剤を投与することになりました。 陣痛誘発剤を投与されても陣痛は来ず、生理痛の軽い程度しか痛みがなかったミロチさん。陣痛誘発剤を追加投与され、さらに痛みがきたことを助産師さんに伝えると、「さらに追加しますね!」という鬼のような返事が!
「あとは産むだけだから!」医師に言われたものの、妊婦の体はまさかの事態に…【2人目は巨大児 24】
「2人目は巨大児」第24話。出産予定日から2日経っても陣痛が来ず、産院から言われていた通り、入院・出産の準備をして産院へ行くことにしたミロチさん。コロナ禍での立ち会い出産が許可されたのですが、「パパが産院へ入っていいのは生まれる直前」、「産後の滞在は2時間まで」という厳しい条件付きでした。
「ウソでしょ!?」一緒にいられない?立ち会い出産の驚愕の条件とは!?【2人目は巨大児 23】
「2人目は巨大児」第23話。ミロチさんのおなかの赤ちゃんは、出産予定日になっても元気におなかを蹴り、陣痛の気配がありません。そんなところに産院から「(コロナ対策で、できないと言われていた)立ち会い出産ができることになりました!」と電話がかかってきました。
「産むなら絶対今の病院で!」そう思っていたのに、医師の放った言葉とは…【2人目は巨大児 20】
「2人目は巨大児」第20話。妊娠10カ月に突入し、出産予定日9日前にしてすでに胎児の体重は3,600g! さらに「赤ちゃんが下がってきていないため、予定日が過ぎる可能性があり、その場合は4,000g近くなるかも」と担当医師から衝撃の発言が飛び出しました!
PICKUP

同月齢の赤ちゃん
ってどんな感じ?

みんなの成長アル
バムで早速見る▶