「千円あげるから掃除しといて」泥酔した夫が汚したのに…最悪だった夜 #モラ夫 53

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第53話。離婚済み2児シンママ・モグさんと顔がタイプのモラハラ元夫との体験談です。

引っ越し費用を抑えるために自分で荷造りをしていたモグさん。しかし手伝いに来た義母が腰を痛めてしまい、無理に働かせたモグさんのせいだと非難され、義実家の家事をやらされることに!

帰り際に、病院代と引っ越しを手伝ってくれたお礼として、少ないけれど2万円を封筒に入れて渡した。

 

受け取ってもらえなかったけれど、半ば強引にテーブルにお金を置いて義実家を出た。

 

しかし、このお礼が原因で、またひと悶着起きてしまう……!

 

続きを読む

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第53話

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第53話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第53話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第53話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第53話


「怪我させて、2日間も手伝わせて2万って、モグちゃんケチだよねw」

 

夫は馬鹿にしたような言い方で笑った。

 

そもそも、義母は「マロは何もやらないでしょ」と手伝いに来た。

引っ越しするのに、自分の荷物の荷造りすらしない夫には言われたくない。

 

そして、わざわざ私が作ったお弁当の味付けにダメ出しをして、義母から夫へ渡った「うちのお金」を持って友だちと飲みに行き、深夜に泥酔して帰って来た。

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第53話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第53話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第53話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第53話

 

最悪だ……

 

廊下にぶちまけたあと、スッキリしたのか上機嫌でシャワーを浴びに行った。

 

「1000円あげるから掃除しといて~」

 

この掃除と、私との夫婦生活の金額が同じ1000円というのも、なんだか複雑な気持ちになった。(結局掃除してももらえなかったけど!)

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターモグ

    2児の母でシングルマザー。顔が好みの夫と結婚したら結婚後モラハラ夫に豹変。数年間のモラハラ結婚生活体験談を鳥頭ゆばさんによりマンガ化。著書『顔で選んだダンナはモラハラの塊でした』(KADOKAWA)

    同じ著者の連載

    • 通報
      早く離婚のターンになって欲しい。
      これから第二子を妊娠して出産する間、ずっとこのモラハラを見続けるのしんどい。
      +112 -3
    • 通報
      っいうか、いつまで一緒にいるの?
      仕事に行ってる間に出て行っちゃえば良いのに…
      なんだかんだ言いながら、旦那
      +98 -4
    • 通報
      自分で吐いたものは自分で後始末してください!
      子供じゃないんだから
      っていうか、トイレで吐けよ。ばっちいわ!
      +72 -1

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP