「理想にはなれない…」夫が突然倒れた!泣きながら話し始めた内容は…

10歳年下の夫と結婚して10年、大きな喧嘩もなく円満に毎日を送っています。夫はおとなしい性格で少し頼りなく、仕事もサポート役が多いタイプ。逆に私はバリバリと仕事をこなし、活発で社交的な性格なのですが……。

「理想の夫になれなくてごめん」と泣く夫。彼は頼りなく、大きな決断はほぼ私任せで…。

 

続きを読む

「頼もしいお嫁さんになりそう」と言われ

結婚前、夫の両親に挨拶に行ったときのことです。初対面だったのですが、玄関のインテリアが私の趣味に似ていてうれしく、そのことを伝えると、義両親とはすぐに意気投合。どこで購入したのか、先日セールをしていてお買い得だったと話が盛り上がり、リビングに移動する前から一気にその場が和やかに。

 

そのとき、夫の父から「こりゃ頼もしいお嫁さんになりそうだ」と言われました。一見前向きにも捉えられる言葉ですが、これをきっかけにその後、夫婦で誰かと会うときに「私は頼もしい妻に見えるのか」と相手の反応が気になるようになってしまいました。

 

夫の威厳は? 大事な手続きはなぜか私に

結婚後、私は夫婦の立ち位置に疑問を感じるようになりました。それは、家を買う、車を買う、保険に入るなど、なにか大きな決断や手続きを前にしたときのことです。

 

手続きの際、相手の方が夫ではなく私に向かって話を進めることがあり、捺印する際に私に書類を差し出そうとした方もいました。会話のなかで、どうしても私のほうに貫禄が出てしまう。つい主導権を握ってしまい、夫はそれに従うような姿勢。私は、夫の威厳を損なってしまっているのではないかと思い、自分の立ち振る舞いを変えることに。

 

相手のためにと無理をしてしまった二人

私の異変を、夫はすぐに察知。「周りの反応が気になってしまうから、あなたから数歩下がって歩く控えめな妻でいたい」と伝えました。夫はおとなしい性格なので、「あなたの威厳を尊重したいから」と直接的な表現で話してしまうと、プレッシャーを与えてしまう気がして避けました。

 

そして、これまでのことを振り返り、「これからは自分に任せて」と言ってくれた夫。それから人と会うときには夫が率先して話し、大事な決断もしてくれるようになりました。

 

そんな夫婦の形がしばらく続いたある日、夫はストレスで倒れてしまいました。夫は泣きながら「ごめんよ、頼もしい夫になれるように頑張ってみたけど、やっぱり僕の性格的には難しいみたいだ。引っ張ってくれる君のそばで、安心している夫でいたい」と私に告白したのです。

 

どうやら、私も夫もお互いのために無理をしていたようです。結果的に、2人が思う理想の夫婦の姿にはなれませんでした。でも、頑張ってくれた姿や、カッコ悪くても正直に本心を打ち明けてくれたことに、私は思わず感動。こんなに素敵な人が自分のために頑張ってくれて、私はとても幸せ者だなと感じました。

 

そして、周りにどう思われようと夫婦には2人だけの形があっていいのだ、と実感しました。

 

 

夫婦の形はさまざま。 結婚当初は、夫婦の理想とは? それが本当に自分と相手の理想なのか? とわからなくなるときもありました。

 

私たちの場合は、互いに相手の理想に近づこうと努力したものの限界を感じ、挫折。でも、気持ちを正直に打ち明けることができ、この出来事があったおかげで、その後2人がお互いの性格や得意不得意を理解し、よりサポートし合える夫婦関係を築くことができました。今は2人とも理想に縛られることなく、お互いが自由に振る舞い、ストレスのない毎日を過ごしています。

 

著者/広瀬ゆりな

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP