衝撃的な現実を突きつけられ絶句。母の病名は… #父ちゃんの母ちゃんのハナシ10

短期連載にてお送りする「父ちゃんの母ちゃんのハナシ」第10話。仕事中にお母さんから着信が入り、「今から病院へ来てほしい」と言われたかいさんち。胸騒ぎがしながらも慌てて病院へ向かいます。病室へ入ると、医師から言われた言葉に絶句。「お母さんは、余命3カ月です」と、突然余命宣告をされてしまうのでした。あまりにも急すぎる展開に、かいさんちは思わず頭が真っ白になってしまい……!?

 

父ちゃんの母ちゃんのハナシ 10話

かいんさんち 番外編

 

かいんさんち 番外編

 

かいんさんち 番外編

 

かいんさんち 番外編

 

かいさんち 番外編

 

かいさんち 番外編

 

かいさんち 番外編

 

私は心のどこかで、母はいつも元気で、いつまでも元気なんだと勝手に思っていたんだと思います。


このころは受け止めきれない現実のなか、自分が今できることはなんだろうかと模索していました。
 

少しでも母の笑顔を見れるよう、自分ができることは何かと……。

 

母は定期的に健診を受けていたのですが、健康診断ではCTや腫瘍マーカーの検査などはないため、早期の段階で発見することができませんでした。

 


かいさんち(@kaisanchi2015)の育児マンガは、このほかにもInstagramで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

監修/助産師REIKO

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターかいさんち

    5人家族で3児の父ちゃんやってます!仕事、家事、育児の合間に体験談を漫画にしてInstagramに投稿したりしてます!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    2 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      本当、癌の告知は信じたくないですよね。 私の父も癌で余命半年と聞かされたときは信じられませんでした。色々な抗がん剤を試してきて、3年経ちます。抗がん剤の副作用であちこちボロボロです。あとは、相性があり… もっと見る
      本当、癌の告知は信じたくないですよね。
      私の父も癌で余命半年と聞かされたときは信じられませんでした。色々な抗がん剤を試してきて、3年経ちます。抗がん剤の副作用であちこちボロボロです。あとは、相性があり致命傷になるかもしれないという最後の抗がん剤。
      まだ死んでほしくないけど、苦しむならどれが正しいのだろう。
      克服できないかな。
      +63 -6

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶