ひどい悪寒にガクブル…→妊娠9週で40度の発熱!さらに腰をトントンされると激痛!原因は…

初めての妊娠中の出来事です。夜の就寝時、妊娠9週目に起こった急激な発熱……。あまりにひどい悪寒でガクガクブルブルしてしまい、翌朝少し落ち着いたのを待って産婦人科を受診。なんと腎盂腎炎(じんうじんえん)との診断で、その日から入院となってしまったのです。

ひどい悪寒にガクブル…→妊娠9週で40度の発熱!さらに腰をトントンされると激痛!原因は…

 

続きを読む

数日前からの異変

第一子の妊娠が判明し、喜びとともに少しずつつわりの症状が現れてきて気持ちの悪かった時期。おしっこがやたらと近い感じがしていて、心なしか残尿感も感じました。

 

一瞬、膀胱炎かな?と思いましたが、妊娠するとおしっこが近くなると聞いていたのできっと妊娠のせいだな……と考えて過ごしていました。ところが、それから2日後の真夜中の出来事です。ガクガクブルブルする急激な悪寒で目が覚めて、40度もの熱が上がってしまったのです。

 

風邪にしても何か変な感じ…

私は発熱に耐えながらさまざまなことを考えていました。「おなかの赤ちゃんは大丈夫なの? それよりこの熱はなんだろう? 喉も痛くないし鼻水も出てないし、風邪にしてはおかしい気がする……」。いろいろと考えを巡らせているうちに眠ってしまい、朝になっていました。熱も37.6度と少し落ち着いています。

 

私はひとまず産婦人科へ電話を入れて聞いてみることにしました。産婦人科では、「風邪かもしれないし診るまではなんともいえません。今から来られますか?」と聞かれ、実家の母親に迎えに来てもらい一緒に産婦人科へ行くことに。風邪の疑いもある私は、他の妊婦さんと接触しないよう足早に診察室へ通されて診察が始まりました。

 

腰をトントンとされ激痛が!

診察が始まり喉を調べた先生が、「うーん、喉は赤くないね。ちょっと気になることがあるから後ろ向いてくれるかな?」と椅子をくるりと回転させ、腰骨の上をトントンと軽く叩いたのです。

 

びっくりしたとともに、経験したことのないような奥に響く激痛があり、腎盂腎炎の疑いが! そして尿検査、血液検査で急性腎盂腎炎が確定し入院することになったのです。

 

そして始まった入院生活

瞬く間に病室に通され入院生活が開始。入院中は1日3回の抗生物質の点滴をして、熱が上がると看護師さんを呼んで解熱剤の坐薬を入れてもらいました。腎盂腎炎の菌はなかなかしぶといらしく、何度も何度も40度近く熱が上がり、そのたびに解熱剤を使用し抗生物質の点滴が続きます。私は治療を受けながら熱でもうろうとしていて、ほぼ寝たきりで過ごしました。

 

こんなにもいろいろな薬が使われておなかの赤ちゃんはどうなっているんだろう? それだけが心配でたまりませんでした。そして、ようやく2週間後に熱が落ち着き検査の結果、退院することに。退院の日、おなかの赤ちゃんは12週になっていて先生は「そろそろ心音が聞こえるころですよ」とドップラー聴診器で赤ちゃんの心音を聞かせてくれ、とてもうれしかったのを覚えています。

 

 

妊娠中は膀胱から菌が上に入り腎盂腎炎にかかりやすくなるとのこと。少しでも残尿感や膀胱炎かな?と感じたらすぐ受診するようにと説明を受けました。私は最初に感じた頻尿や残尿感を様子見せず、すぐに受診するべきだったと反省したのでした。その後、元気に長男を出産し、心から安心したことを覚えています。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

監修/助産師REIKO


著者:優木 まり

25歳になる長男を筆頭に4歳女児までの3男1女を育てるアラフィフママ。元美容部員のスキルを生かして美容記事を執筆するほか、子育て・出産関連についても執筆している。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    医療の新着記事

  • PICKUP