「結婚できる確率は1%!?」もう手遅れ?絶望のアラフォー独身女の奇跡

「40歳以上の未婚女性が結婚できる確率は1%です」。実家のリビングで家族と過ごしていると、耳を疑う話がテレビから聞こえてきました。当時私は38歳で彼氏はなし。もちろん結婚の予定はありませんでした。家族からの無言の圧力を感じながら、「もう一生結婚できないかもな」と諦めモードだった私が、運命の人と出会うキッカケとなったのは……。

「結婚できる確率は1%!?」もう手遅れ?絶望のアラフォー独身女が出会ったのは…

 

続きを読む

20歳で結婚する予定が…

私の母親は20歳で結婚。そんな母を見て育ったので、私自身も20歳で結婚をするものだと思って過ごしてきました。しかし、20歳のときに付き合っていた彼とは遠距離になり破局。その後も何人かの男性と交際をしましたが、なかなか結婚までたどり着くことはできませんでした。

 

そして、気が付けば38歳に。周りの友だちはほとんど結婚をしてしまいました。特別見た目も中身も悪いわけではないと思うのになぜ自分は結婚できないのかと、答えのない問題を考えていたとき、聞こえてきたのが冒頭の「40歳以上の未婚女性が結婚できる確率は1%」という言葉だったのです。

 

結婚に向けて試みたこと

もう手遅れかもしれないとは思ったものの、厳しいひと言を受けて40歳までのラストスパート、婚活を全力で頑張ることに! まずは友人・知人に「いい人がいたら紹介してほしい」とお願いをしました。すると帰ってきた言葉は「もう変な人しか残っていない」でした。もしかしたら私も変な人のうちのひとりだったのかもしれません。

 

次に婚活パーティーへの参加を試みることに。都心とは違って婚活パーティーが多くないなかで、気になるパーティーを見つけるも、年齢制限は37歳! 年齢の壁が立ちはだかり断念しました。

 

さらに、婚活アプリに登録しました。数人の男性とデートをしましたが、なかなか合う人に出会えず、ただただ疲労感が蓄積されただけ。私はどんどん婚活に疲弊していきました。

 

有名な占い師のアドバイスを受け…

そんななか、友人から教えてもらったのは、地元で当たると有名な占い師。もともと占いが好きでこれまでにもいろいろな占い師に見てもらいましたが「〇歳に結婚する」という予言は外れていたので、半信半疑でした。

 

過度な期待をせず、その有名な占い師に占ってもらうことに。すると言われたのは「視野を広げなさい。独身の相手にこだわらず、バツイチや子持ち男性のなかにも素敵な人がいますよ」ということ。独身の相手じゃないといけないと思っていたわけではないのですが、アプリの検索機能では独身にチェックをいれていた私。どこかで今まで付き合ったことのないタイプは避けていたのかもしれません。

 

ハッとさせられた私は、早速「独身」のチェックを外していろいろな男性を探すことにしました。

 

ようやく見つけた運命の人!

占いに行ったこともすっかり忘れた数カ月後、ある男性とマッチングしました。その男性はバツイチで2人の子持ち。緊張しながら会ってみると、昔から知り合いだったかのような楽しさがあり、その後も何度かご飯を食べに行く関係に。

 

今まで独身の男性としか交際をしたことがなかったので、初めはうまくやっていけるのか不安でした。しかしやさしく安心感があり、いいお父さんなんだろうなと感じられ、次第に惹かれていきました。

 

彼から交際を申し込まれ、お互いの仕事が終わったあとやたまにお休みが一緒になったときには、旅行したりごはんに行ったりと仲良く過ごしていました。半年ほど経ち、自然な流れで「一緒に暮らしてみよう」となり同棲生活がスタート。

 

ちょうどそのころに新型コロナウイルスが流行し、これからの2人の未来について話す機会が増えました。彼は結婚に対して慎重な姿勢でしたが早く子どもがほしいと考えていた私の気持ちを尊重してくれて、交際1年で晴れて入籍することになりました。

 

私の両親は相手に子どもがいることを最初のうちは気にしていましたが、今では彼の人柄に惹かれてとても仲良しです。

 

 

まさか自分がバツイチ子持ちの男性と結婚するとは考えていませんでした。しかしいざ結婚してみると、やさしく気遣いがあり、ハラハラドキドキの恋ではなく、日々しっかり愛情を感じて幸せな時間を過ごすことができています。

 

必死に婚活に挑んでいたあの頃の自分に教えてあげたいと思えるほど、今は穏やかな幸せを感じる毎日です。

 

著者/南 こころ
イラスト/sawawa

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP