「意思ないの?悪いところだよね」夫の要望を聞いたらまさかの責任転嫁!結局非難されて… #モラ夫 65

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第65話。離婚済み2児シンママ・モグさんと顔がタイプのモラハラ元夫との体験談です。

ショッピングモールに息子のタロくんのお洋服を買いに行ったときの話。夫が決めたレストランで昼食をとろうとしたら……?!

いつも飲食店の店員さんに悪態をつき、舌打ちをしたり、容姿を批判したりする夫を恥ずかしいと思っていたモグさん。

 

さらに恥ずかしい夫の最悪な言動に、驚愕!

 

続きを読む

えっ、私が悪いの?まさかの責任転嫁!

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第65話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第65話

 

「レトルトよりマシか」

 

いまだに離乳食は絶対に手作りするべきだと思っている夫。レトルトをあげると文句を言われるし、このお店には息子が食べられそうなものはパンくらいしかなかった。フードコートだったら、うどんを食べさせられたのに……。

 

でも夫は、タロくんがパン好きなことさえ知らない。

 

そして、ステーキを一切れ口にした夫が……!?

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第65話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第65話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第65話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第65話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第65話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第65話

 

お店の中だろうが、店員さんが近くにいようが、まずいものはまずいと言う夫。

 

店員さから見たら私も同類の妻に見られてるんだろうか……もう本当にやめてほしい。

 

とっさに声が大きいと注意したけれど、声のトーンを落とすことなく大声で文句を言い続けて、すぐにでもお店を出たかった……。

 

お店を出ると、夫は驚くことを言い出した!

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第65話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第65話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第65話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第65話

 

「モグちゃんって、自分の意思ないわけ?」

 

「フードコート行ってたら、あんなまずいもん食わなくて済んでたしさ、モグちゃんの悪いところだよね、そういうとこ」

 

モグさんがフードコートに行こうと強く言わなかったせいで、まずいものを食べる羽目になった。自分の意見を主張しなかったモグさんが悪い……

 

まさかの責任転嫁!

 

はじめ、なにを言われているのかわからなかったというモグさん。夫が自分の都合がいいようにコロコロ意見や考えを変えるのはよくあることだったそう。

 

でも「モグちゃんが悪い」と言われると、自己主張ができないモグさんは「それもそうかも。私のせいかも」と思ってしまって、夫のモラハラ沼に捕らわれていたのでした。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターモグ

    2児の母でシングルマザー。顔が好みの夫と結婚したら結婚後モラハラ夫に豹変。数年間のモラハラ結婚生活体験談を鳥頭ゆばさんによりマンガ化。著書『顔で選んだダンナはモラハラの塊でした』(KADOKAWA)

    同じ著者の連載

    • 通報
      まじやば。こいつ。
      +20 -0
    • 通報
      てかもぉ頭の病気だと思うよ
      この男
      +47 -0
    • 通報
      結局無駄遣いしただけ・・・
      贅沢病より貧乏性のが良いと思うよ、私は。
      +53 -0

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP