「わたし、病気かもしれない…」帰宅早々、娘が泣きながら話すワケは…

今から1年前、娘が小学校5年生だったときの話です。ある日、私が仕事を終えて帰宅すると娘が半泣きでこちらに駆け寄ってきて「ママ〜! わたし、病気かもしれない」と言うのです。そのとき、娘が手に持っていたのは……。

「ママ〜!わたし、病気かもしれない」娘が泣きながら話すワケは…!?

 

続きを読む

病気かもしれないと泣く娘

1年前、娘が小学5年生だったときの話です。私が仕事を終えて自宅に帰ってくると、「ママ〜!!」と、娘が半泣き状態で玄関に走ってきました。

 

 「わたし、病気になっちゃったかも……」と悲しそうに泣く娘。 よく見ると、娘の手には下着が。そして、その下着には出血したあとがあり、赤黒くなっています。少し疑問を感じたものの、事情を察した私は、「これは生理かもしれないね、大丈夫だよ」と告げ、とりあえず娘を安心させました。

 

本当に初潮?

娘には「大丈夫だよ」と告げたものの、私は内心不安でした。娘の同級生で初潮がきた子は、まだ1人もいません。それに、4歳上のもう1人の娘も、私も、生理が始まった時期はもっと遅かったので、本当に小5で生理がくるものなのかと、半信半疑だったのです。「初潮ではなく、本当に何かの病気だったらどうしよう」と不安な気持ちになりました。

 

そこで、娘には「一応、明日からも血が出るかどうか、様子を見ようか。下着に血が付かないように、準備をしておこうね」と告げました。数日間様子を見て、出血が続けばおそらく初潮の可能性が高く、今日だけであれば切れ痔など、何らかの病気を疑おう、と思ったのです。

 

結果、3日経っても出血が続き、ほかにおかしな症状もなかったので、おそらく初潮だろうと判断しました。私も娘も、ようやくひと安心。「やっぱり初潮だったね。これからは、大体1カ月に1回の周期で生理がくるからね。これで大人の仲間入りだね、おめでとう!」と娘に伝え、お祝いをしました。

 

 

1年経った今では娘も生理に慣れて笑い話ですが、私が帰宅するまでの間、娘は不安で不安で仕方なく……とてつもなく長い時間だったそうです。

 

私自身は生理が始まったのは中学生になってからだったので、まさかこんなにも早く初潮がくるなんて驚きでした。もっと早い段階で、娘にいろいろと教えていればよかったと、少し後悔しました。

 

でも、この日を境に娘とは、生理は恥ずかしいことではなく、成長の過程だと話し合えるようになってよかったと思います。

 

著者/林高万里
作画/おんたま
監修/助産師 REIKO

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      小5ならとっくに学校で保健室の先生から生理についてのお話あると思うし、周りからのどこからか、生理について何となく聞くと思う。
      +75 -11

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP