「大げさねぇ」母の言葉にショック!激痛で倒れた私。耐えるしかなくて…

高校生のころから生理痛がつらくて、痛み止めの薬を飲まないと日常生活ができないほど。薬を飲むタイミングが遅れると気絶しそうなほどの激痛に襲われて夜も眠れない日々を送っていました。それから生理痛との闘いは、出産によって一変して……。

 

続きを読む

高校生で始まったひどい生理痛

私が本格的に生理痛に悩まされるようになったのは、高校生のときのことです。中学生のときはそれほど気にならなかった生理痛が、高校入学を機に激痛へと変わりました。毎月痛みが出るわけではありませんが、痛みがひどい月は、学校からの帰り道で急に腹痛に襲われて動けなくなり、道端に倒れてしまったこともあるほど。

 

この痛みはおかしいと思い母親に相談してみましたが、私の母親は生理痛がまったくないタイプだったためか、「生理痛ぐらいで倒れるなんて大げさだ」と言われ、理解を示してもらえませんでした。まだ高校生で幼かったため、自ら病院に行くという選択もできませんでした。

 

それから社会人になると、毎月激痛がくるように。私の場合、生理がきた瞬間に薬を飲めば、痛みは軽減したので、生理がくると慌てて痛み止めの薬を飲んでいました。会社には薬を常備していましたが、うっかり薬を持っていくのを忘れてしまったときは、痛みに襲われて仕事を早退したこともあります。

 

このときに病院へ行っていればよかったのですが、仕事も忙しく、学生のときに母から言われた「生理痛ぐらいで病院なんて……」という言葉がひっかかっていて、社会人になっても自力で痛みを解決しようとしてしまっていました。

 

不妊治療で訪れた産婦人科で言われたこと

その後、私は結婚。結婚してからも生理痛は続いていました。子どもを望んでいましたが、なかなか子どもに恵まれず……。ひどい生理痛が不妊に影響しているのかもしれないと思い、不妊治療を専門としている産婦人科を受診しました。検査をして大きな異常や病気はみられなかったので、私の場合は、不妊と生理痛との直接的な関係はありませんでした。

 

先生に生理痛の原因を聞くと、「あなたの場合、子宮の出口が狭いので、子宮内の血液を外に出すのに強い力をかける必要があり、それが強い生理痛につながっている。出産して子宮の出口が広くなると生理痛も緩和される」と説明されました。

 

出産を経て、生理再開に緊張…

その後、めでたく子どもにも恵まれ、妊娠と同時に生理が止まりました。妊娠中、つわりや体調不調はありましたが、生理痛のない生活はとても快適。出産でのつらい陣痛でさえも、あの生理痛の痛みよりはマシだと感じてしまうほどでした。

 

そして、産後1年ほど経ったとき生理が再開。先生から「産後の生理痛は軽くなるだろう」と聞いていたので、実際はどうなのかドキドキしていました。

 

生理が再開してみると……驚くことにまったく痛みがなかったのです! それから生理痛に悩まされることなく、2人目を産んでからも、生理痛のない生活は続いています。

 

 

私の場合は、子どもを出産することで長かった生理痛との闘いにようやく終止符を打つことができました。幼いころは「生理痛で病院なんて」と思い、なかなか通院できずにいました。今になって思えば、早期に病院を訪れていれば、違う治療法もあったかもしれません。

 

ひとりで悩まず病院で相談して痛みの原因を知ることで、自分の体に向きあっていくことも大切だと思いました。

 

著者/川崎今日子
監修/助産師 REIKO

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP